FANDOM


ビラリ・エレクトロ=チェーン・ウィップ(Bilari electro-chain whip)は最高指導者スノークに仕えるエリート・プレトリアン・ガードが使っていた武器の1つである。レーピア状の近接武器として使うこともできれば、関節部を曲げて鞭状の武器にすることもできた。

特徴

ビラリ・エレクトロ=チェーン・ウィップはエリート・プレトリアン・ガードが使う独特な武器の1つで、のような近接武器としての機能と、鞭状の武器としての機能を併せ持ち、戦闘スタイルに合わせて変形させることができた。[2] プレトリアンが使う他の武器と同様、エレクトロ=チェーン・ウィップにも赤いエレクトロ=プラズマが流れ、ライトセーバーのブレードにも対抗できるエネルギーを刀身沿いに発生させた。[1] エレクトロ=チェーン・ウィップは敵への直接攻撃に加え、敵の武器を絡め取る道具としても使うことができた。[2]

歴史

34 ABYサード・ガードを含む[1] 2名のエリート・プレトリアン・ガードがビラリ・エレクトロ=チェーン・ウィップで武装していた。彼らは他の6人のプレトリアンとともにメガ級スター・ドレッドノートスプレマシー>の玉座の間最高指導者スノークの身辺を警護した。カイロ・レンがスノークを不意打ちで殺害した直後、プレトリアンたちはそれぞれの武器を使ってレンやレイと決闘を繰り広げた。エレクトロ=チェーン・ウィップの使い手の1人はレイのライトセーバーを絡め取って一時的に優位に立ったが、彼女は自力でウィップから逃れ、このプレトリアンを倒した。もう1人の使い手もレンによって首を刎ねられた。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注