FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
類似した名称の記事はビィスを参照
「ここが暗黒面の本拠地にちがいない」
ルーク・スカイウォーカー[出典]

ビィス[1](Byss)は銀河系の中心部近くに位置するディープ・コア惑星である。45 BBYの少し前に発見された。自転周期が31標準時間、公転周期が207日のビィスは、ビィス・ランと呼ばれるハイパーレーンの終点だった。高原と谷に覆われた住みやすい惑星で、太陽の影響で発生する青緑色の無気味な輝きが奇怪な雰囲気をかもし出していた。

銀河皇帝パルパティーンはビィスを保養地に選び、惑星には帝国軍ハイパースペース監視網が敷かれた。皇帝のダークサイドのエネルギーは至る所へと蔓延し、惑星の住民のみならず、惑星そのものを腐敗させていた。ビィスには皇帝の城が置かれ、パルパティーンのクローンの肉体が保管されていた。シャドウ・ハンド作戦の戦いにおいて、ビィスはギャラクシー・ガンのミサイルによって破壊された。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。