FANDOM


パントラン(Pantoran)は衛星パントラ出身の青い肌のヒューマノイド知覚種族である。パントランは銀河共和国のメンバーで、クローン戦争期まで惑星オルトー・プルトニアの領有権を主張していたが、タルズと呼ばれる原住民の存在が発覚した後、彼らと和解して惑星から立ち退いた。

生態と特徴

N Papanoida And His Family

パントランのパパノイダ家

パントランは外見がきわめて人間に近いヒューマノイド型の知覚種族である。人間と同じく2本の腕、脚を持ち、指は5本で、男性と女性というふたつの性別があった。パントランの肌の色は青く、彼らが“赤面”すると肌が藍色になった。彼らの目は黄色で、頭部に髪の毛を持ち、男性の場合は口ひげを生やしていることもあった。パントランの髪の色は白、紫、青、黒など、個体によってさまざまだった。パントランの身長の一例として、女性で1.65メートル、男性で1.77メートルの個体がいた。パントランは標準的な人間よりも低気温に適性があった。

未知領域に住む青い肌のチス種族はしばしばパントランと間違えられた。しかしチスはパントランと違って赤く発光する目を持っていた。

社会と文化

パントランの多くは、家系をあらわす黄色い模様を顔に入れていた。しかしどの家系にも忠誠心を持たないラサ・レイムのようなパントランは模様を入れていなかった。パントランの政府は民主主義で、パントラン議会によって統治されていた。彼らにはパントラン・ガードと呼ばれる戦士がおり、議会の重要人物を護衛していた。

パントランの建築物は非常に垂直的だった。他の文化圏では屋根の上には何も置かれないことが多かったが、空間を無駄にしないパントランは屋根の上にも別の建物を建てたり、庭園を作ったりした。

歴史

パントランは惑星オルトー・プルトニアパントラの出身である。クローン戦争当時、パントランは銀河系政府の銀河共和国に加盟しており、首都惑星コルサント銀河元老院代表議員を派遣していた。当時パントランはオルトー・プルトニアの探索を行っていたが、この星に住民はいないと思い込み、領有権を主張していた。

共和国と独立星系連合のあいだにクローン戦争が勃発した後、共和国グランド・アーミーはオルトー・プルトニアにグリッド・ステーションと呼ばれる基地を設立した。現地の兵士からの連絡が途絶えた際、共和国はジェダイ将軍オビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーを現地に派遣し、パントラン議会のチー・チョー書記長リヨ・チューチー元老院議員も彼らに同伴した。この調査でオルトー・プルトニアにはタルズという原始的な先住民がいることが明らかになったが、チョー書記長は彼らの領有権を認めず、タルズをこの星から追い出すと宣言した。チョーが短い戦いの中で命を落とした後、チューチー議員は種族間紛争に終止符を打ち、オルトー・プルトニアをタルズに明け渡した。

戦争中、衛星パントラはトレード・フェデレーションの艦隊によって封鎖され、パントランは独立星系連合に加わるか持久戦を続けるかの選択を迫られた。また、フェデレーションは新書記長のパパノイダを説得するため、賞金稼ぎグリードを雇って書記長の娘たちを誘拐した。しかしパパノイダはチューチー議員にフェデレーションとの交渉を任せ、自ら賞金稼ぎの手から娘を救い出した。その後フェデレーションによる封鎖は解かれ、パントランは共和国に残留した。

登場作品

Riyo Chuchi SWE Full

リヨ・チューチー

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。