FANDOM


「コルサントの警察官を殺害」
―賞金首リストに載せられたホンディの罪状[出典]

パンザ・ホンディ[2](Panza Hondi)はナブーの侵略当時、首都惑星コルサント工業区画で活動していた、男性ギュイネオの犯罪者である。32 BBY、ホンディはナーフの精肉工場を営みながら裏でデス・スティックをばらまいていた組織、ホッグ・ナーフ工業社で働いていた。惑星コルサントに滞在中、ホンディはコルサント警察の警察官を殺害したため、その首に賞金をかけられていた。ホンディがホッグ・ナーフ工業社で働いていたとき、バンド・ゴラとして知られる秘密犯罪組織のリーダー、コマリ・ヴォサの情報を探し求めていたマンダロリアン賞金稼ぎジャンゴ・フェットは、このギュイネオを発見して賞金を手に入れた。

経歴

男性ギュイネオの犯罪者、パンザ・ホンディは、ナブーの侵略が終わった後の32 BBY当時、銀河系首都惑星コルサント工業区画で暮らしていた。コルサントの工業区画に滞在していたとき、ホンディはホッグ・ナーフ工業社で働いていた。グロフ・ホッグが所有するこの会社は、ナーフの精肉工場を経営するふりをしながら、裏でデス・スティックを世の中にばらまいていた。32 BBY、パンザ・ホンディは非番だったコルサント警察の警察官を殺害するという罪を犯していた。そのため、コルサント警察はホンディの首に賞金を懸けた。彼を生け捕りにしたらAurebeshSans-Serif credit2,000、殺害したらAurebeshSans-Serif credit1,000が支払われるという条件が賞金首リストに載せられる。このリストには、工場区域でのホンディの目撃情報も記載されていた。ホッグ・ナーフ工業社で働いていたとき、ホンディは雇われ者のチンピラたちとつるんでいた。同じバンド・ゴラ(デス・スティック・ビジネスの背後にその存在がうわさされた、秘密の犯罪組織)のリーダーであるコマリ・ヴォサの情報を求め、マンダロリアン賞金稼ぎジャンゴ・フェットがホッグ・ナーフ工業社に潜入した。フェットはこの任務の中で、賞金首のホンディを発見する。

フェットはホンディを生け捕りにし、その首に懸けられていた賞金を手に入れた。

個性と特徴

Duginlikeanalabamatick

ナーフ精肉工場にて、パンザ・ホンディ

ほとんどのギュイネオと同様、パンザ・ホンディにはの毛がなく、薄い黄色の肌をしており、身長は2メートルを超えていた。雇われもののチンピラたちとつるんでいたことで知られるホンディは、コルサントの警察官を殺すという罪を犯していた。また、彼はブラスターの扱いに関する知識を持っていた。

装備

ホッグ・ナーフ工業社で働いていたとき、パンザ・ホンディは赤いエネルギー・ボルトを発射するブラスターを携帯していた。彼は正面に灰色のプレートが取り付けられた黄色のジャンプスーツを着込み、背中には銀色のふたつのタンクを背負っていた。タンクからはそれぞれチューブが伸び、スーツの正面部分と繋がっていた。彼が着たジャンプスーツは袖と襟の周りに白いストライプ模様があった。ホンディはライトグレーのグローブと、より濃い灰色のブーツを履いていた。さらに、ホンディは灰色のゴーグルを身に着けていた。

制作の舞台裏

パンザ・ホンディはルーカスアーツ2002年に発売したビデオゲーム、『スター・ウォーズ ジャンゴ・フェット』に登場したキャラクターである。ゲームの発売に先立ち、彼に関する記事がゲームの攻略本である『Bounty Hunter: Prima's Official Strategy Guide』(未邦訳)に載せられた。ホンディは、ゲームの第2章「上流階級の実態」の第2ステージ、「工業区画」に登場する5人の賞金首のうちのひとりである。プレイヤーはホンディの存在を無視することも可能であり、捕獲したり殺害すれば賞金を手にすることが出来る。

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。