FANDOM


Power generator

パワー・ジェネレーター

パワー・ジェネレーター動力発生装置(Power generator)は宇宙船都市、兵器、建物などに動力を供給する装置である。強力なパワー・ジェネレーターは、ひとつの植民地が必要とする全エネルギーをまかなうことができた。辺境の惑星、特に過酷な環境や寒冷地域では、パワー・ジェネレーターは人々の生存に欠かせない必需品になっていた。そのためパワー・ジェネレーターは非常に貴重かつ効果で、闇市場では目玉商品となっていた。

惑星コルサント中央送電網ナブーシード発電所オンダロンイジズ発電所のように、各都市には市内の電力供給を担う発電施設が置かれた。また、宇宙船や宇宙ステーション反応炉と呼ばれる動力発生装置を積んでいることが多かった。

ジェネレーターで供給された動力を一時的に蓄積しておくため、パワー・セルと呼ばれる部品が使われることがあった。また、銀河系ではパワー・ドロイドという歩くバッテリーのようなドロイドが使用されていた。この種のドロイドは、ボディに小型のパワー・ジェネレーターを備えていた。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。