FANDOM


パレス・プラザ[1](Palace Plaza)は、ナブーシード宮殿へと通じる広く開放された大通りの名前。プラザの凱旋門を通り抜けるとシードの街へと通じていた。

君主制の象徴

国家的行事において、君主がプラザに立ち、人々に挨拶を送るのが古くからの習慣で、シードの人々にとって宮殿プラザはまさにナブーの文化の象徴だった。

シードの中心

ナブーの首都シードは、宮殿が中心になるように設計されている。周囲を見ても、近接する建物の高さを抑え、どこから見ても宮殿が一番高く見えるようになっている。宮殿主要部分は公園や公共広場に囲われている。芸術を愛する心と自分たちが選んだ君主に対する敬意の現れだ。こうした考えが最も明らかなのは宮殿プラザの広場に沿った、宮殿に通じる大通りだ。儀式用に設計されたこの大通りは、突き当たりの広い階段を上がるとメイン・ポルチコにいたる。

良質の石で舗装され、樹木に囲まれた華麗な建物が並ぶ通りを抜けると、彫刻園の重厚な入り口が目に入る。ナブーの高名な歴史的指導者、哲学者、各分野で活躍した芸術家達の像が並んでいる。乳なんな設計のもと、目立たないように近衛隊の警備ステーションが配置されている。ナブーの君主の多くは、宮殿プラザを国家的セレモニーノバに選んできた。野外でセレモニーを行う事が出来ない悪天候の時には、巨大なメインドアを入ったところにある広い公共ホールを使うことになる。

登場作品

脚注

  1. カタカナ表記は小説『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki