FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「陛下、この戦い我らに勝ち目はありません」
―パドメ・アミダラ女王に対し、パナカ[出典]

パナカ(Panaka)は人間男性で、惑星ナブー王室保安軍に所属していたキャプテントレード・フェデレーションによるナブー侵略が起きた時代、パドメ・アミダラ女王に護衛として仕えた。彼は細部の重視と女王の安全への貢献から「ナブー一目の利く男」として知られた。[1]

アミダラがナブーの元老院議員になると彼の甥グレガー・タイフォが代わって護衛隊長を務めた。

経歴

惑星ナブートレード・フェデレーションによって侵略されたとき、パナカはパドメ・アミダラ女王の護衛として行動を共にしていた。彼はバトル・ドロイドに捕えられていたが、ジェダイクワイ=ガン・ジンオビ=ワン・ケノービに助け出され一緒にナブー・ロイヤル・スターシップで脱出する。途中でハイパードライブを破壊されタトゥイーンに不時着する。それから一同はコルサントまで飛んだ。パナカはアミダラやふたりのジェダイと共にナブーに戻りシード宮殿でトレード・フェデレーションのヴァイスロイヌート・ガンレイを捕える。これによりナブーの戦いは終結し、惑星に平和がもたらされた。[2]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。