Fandom

Wookieepedia

パドメ・アミダラ

9,234このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 

パドメ・ネイベリー(Padme Naberrie)は、パドメ・アミダラ(Padme Amidala)という公式な名称で知られた惑星ナブー出身の人間女性で、銀河共和国衰退期の政治家。彼女は若い頃にナブーの女王に選出され、トレード・フェデレーションによるナブー侵略事件の時代に故郷のを導いた。アミダラはジェダイ・オーダーグンガンの助けを借りてナブーの戦いに勝利し、母星をフェデレーションの占領部隊から解放した。女王の任期が終了した後、アミダラを王室に留めるために憲法を改正しようという動きもあったが、彼女はそれを断った。しかしその代わり、彼女はナブー代表の元老院議員を務めることになった。

分離主義運動の時代、銀河元老院では独立星系連合の脅威を受けて軍隊創設法案に関する話し合いが行われた。アミダラ議員はこの法案に声高に反対した議員のひとりだったが、投票日当日になって彼女の命を狙う暗殺未遂事件が起きた。その後、彼女は護衛として割り当てられたジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーと恋に落ちた。ふたりは惑星ジオノーシスで分離主義勢力に捕えられ、共和国と連合の間の緊張は頂点に達した。シーヴ・パルパティーン最高議長共和国グランド・アーミーの創設を宣言し、ジオノーシスの戦いをきっかけにクローン戦争が勃発する。戦争が始まった直後、アミダラは密かにスカイウォーカーと結婚した。

クローン戦争の終盤、アミダラは双子妊娠したが、スカイウォーカーは妻が出産時に死んでしまうヴィジョンに悩まされた。妻の命を救おうと必死になったスカイウォーカーは、パルパティーン議長(その正体はシスの暗黒卿ダース・シディアスだった)の誘惑に嵌まり、フォースのダークサイドに転向してシス弟子ダース・ヴェイダーとなった。戦争の終結に伴ってジェダイ・オーダーが壊滅し、パルパティーン議長が共和国に代わる銀河帝国の誕生を宣言した後、アミダラはスカイウォーカーの身を案じて惑星ムスタファーへ赴いた。しかし、アミダラは夫が別人に成り果ててしまったことに絶望し、ヴェイダーは妻に裏切られたと思い込んで彼女の首を絞めた。ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービがヴェイダーの攻撃を止めたが、もはや生きる気力を失っていたアミダラは、小惑星ポリス・マサで双子のルークレイアを出産した後に命を引き取った。その後、レイアはアミダラと同様に政治家となって反乱同盟を導き、ルークはジェダイ・ナイトになってアナキンをダークサイドから再転向させた。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki