FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

パッセル・アージェンテ[1](Passel Argente)は惑星クーリヴァ出身のクーリヴァー男性で、コーポレート・アライランスマジストレイトである。

もともと銀河共和国元老院議員だったが、独立星系連合の支持者となり、クローン戦争で共和国と対立した。19 BBY分離主義評議会の他のメンバーらとともに、アージェンテは惑星ムスタファーダース・ヴェイダーに殺害された。

経歴

政治キャリア

クローン戦争以前、パッセル・アージェンテは銀河系有数の大企業、リース・マーチャダイジング社を代表する銀河共和国元老院議員であった。彼はしばしば汚職収賄で非難を受けており、莫大な富を築く為に自身の法人を存続させて利用した。

アージェンテは彼の主任補佐官であるデナリア・キーというクーリヴァーの女性と行動を共にし、ジャーヴ・リスケという賞金稼ぎをボディガードとして雇っていた。

27 BBY、アージェンテは惑星バーロクでコーポレート・アライランスと現地のギルドマスターであるギルフロムたちと資源採掘の交渉を行う。交渉中、アージェンテは命を狙われたがジェダイ・マスタージョラス・シボースによって救われた[2]

連合に加わる

コーポレート・アライランスのマジストレイトとして、パッセル・アージェンテはドゥークー伯爵の独立星系連合に参加していた。共和国からの分離を支持するこの連合で、アージェンテは幹部の参加する分離主義評議会の一角を担った主要メンバーであった。

彼は22 BBY第一次ジオノーシスの戦い直前に、ジオノーシスの分離主義者たちのミーティングに参加する。彼は最高議長フィニス・ヴァローラムからパルパティーンの代まで共和国の議員を務めたが、より多くの富を約束した連合側へと移る決心をする。彼はここで分離主義を支持する事を誓い、その為にコーポレート・アライランスの軍事力を提供する事を約束した。

ムスタファーの虐殺

コルサント上空でドゥークー伯爵が死んだ後、アージェンテは惑星ウータパウのミーティングに参加した。そこでグリーヴァス将軍からムスタファーの要塞へと向かう様告げられた分離主義者達は、その指示通りに火山惑星へと移動する。ムスタファーで彼らはダース・シディアスから弟子を派遣したという連絡を受ける。彼の言う通り、ダース・ヴェイダーが要塞を訪れたが、目的は彼らの殺害であった。シディアスにとって価値の無くなったアージェンテたちは一人残らずヴェイダーに抹殺された。[3]

登場作品

参考資料

脚注

分離主義評議会
リーダー
ドゥークー · グリーヴァス · ヌート・ガンレイ
カウンシルのメンバー
サン・ヒル · シュ・マーイ · パッセル・アージェンテ · ポグル・ザ・レッサー
ポ・ヌードー · ワット・タンバー · ティッケス · ミラージ・シンテル · ログワ・ウォドラータ
補佐官
エータイ · サン・ファーク · ルート・ガンネイ · ルーン・ハーコ · キャット・ミン · デナリア・キー

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki