FANDOM


パウアン(Pau'an)はウータパウン(Utapaun)とも呼ばれていた細身で手足の長いヒューマノイド種族アウター・リム・テリトリー惑星ウータパウ出身。彼らは惑星のシンクホール(縦穴)の中に住み、土着の生き物であるヴァラクティルを騎乗用に使っていた。

生態と特徴

パウアンは惑星ウータパウ出身のヒューマノイド種族で、灰色の肌には皺が寄っており、目は落ちくぼんでいた。彼らの細い腕の先には、5本の長い指と爪のある手が付いていた。その恐ろしげな外見に加え、パウアンには長身という特徴があった。クローン戦争時代にウータパウの宇宙港行政長官を務めていたティオン・メイドンは、身長およそ2.06メートルだった。彼らはベーシック言語を話すことができた。彼らの聴力は過敏で、虚弱な耳を保護するために特殊なカバーで覆っていた。

社会と文化

知覚種族だったパウアンは、物事を知的に考えることができた。故郷ウータパウに暮らすパウアンは、日向よりもむしろ日陰を好んで生活し、彼らの都市は惑星に無数に存在したシンクホール(縦穴)の中につくられていた。彼らの主要な都市兼宇宙港パウ・シティで、総督や警視正、宇宙港行政長官といった様々な役人がこの街を管理していた。彼らはウータパウで少なくとも3つの他種族(ウータイアマニスーギ)と共存していた。パウアンは素早く移動するヴァラクティルを飼いならし、騎乗用の動物として使っていた。

歴史

クローン戦争の終盤、惑星ウータパウは独立星系連合によって占領された。グリーヴァス将軍を捜索していたジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービがパウ・シティを訪れた際、ティオン・メイドン行政長官が彼を迎え入れ、密かにグリーヴァス将軍の居場所を教えた。その後、銀河共和国はパウアンを解放するために攻撃を開始した。

ヤヴィンの戦い以前、大尋問官と呼ばれるパウアンがジェダイ・ハンターとして銀河帝国に仕えていた。彼はフォースのダークサイドの使い手で、オーダー66を生き延びたジェダイの残党狩りを任されていた。

ヤヴィンの戦い当時、惑星コルサントレベル1997にあるカンティーナで1名のパウアンが働いていた。彼はアナンドラサンティゴ・マイロン姉弟に店で働かないかと持ちかけたが、断られた。

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。