FANDOM


「スパイス商人たちの組織です。彼らは犯罪行為によって生のスパイスの生産をほぼ独占していたのです。強力な薬物を作るために」
―フィニス・ヴァローラム[出典]

パイク・シンジケート(Pyke Syndicate)、別名パイク・ファミリー(Pyke Family)はスパイス商人のカルテル。母星オバ・ダイアを本拠地に、銀河系各地のスパイス流通を取り仕切っていた。ナブー危機以前、彼らはシス卿ダース・タイラナスに雇われてジェダイ・マスターサイフォ=ディアスを暗殺した。クローン戦争中、シンジケートはダース・モール率いるシャドウ・コレクティヴの傘下に入り、惑星マンダロアの占領に力を貸した。

歴史

ナブー危機当時

「サイフォ=ディアス? 私が最高議長だった時、パイク・シンジケートの件で動いてもらったことがあります」
―フィニス・ヴァローラム[出典]

パイク密輸業者貨物船船長たちを利用してケッセル・ラン航路のスパイス輸送を取り仕切り、ケッセルからコルサントへのスパイス流通を監督していた。ナブー危機以前、銀河共和国フィニス・ヴァローラム最高議長はスパイス事業を独占するパイク・シンジケートと交渉を行うため、ジェダイ・マスターサイフォ=ディアスに協力を求めた。パイクの問題はコルサントでギャングの全面戦争を招きかねない事態に発展していたが、犯罪組織との交渉を表沙汰にするとヴァローラムの立場が危うくなるため、サイフォ=ディアスの任務はジェダイ最高評議会にも秘密にされていた。オバ・ダイアに到着した後、サイフォ=ディアスは評議会から新しい任務を与えられたためパイクとの交渉を先延ばしにした。しかし、シスの暗黒卿ダース・タイラナスに雇われたパイク・シンジケートは、オバ・ダイアの月上空でサイフォ=ディアスのジェダイT-6シャトルを撃墜した。ジェダイに付き添っていたヴァローラムの個人秘書シルマンは墜落を生き延びたが、パイクに生け捕りにされた。シンジケートのリーダーであるロム・パイクは、今後タイラナスに裏切られた場合の保険としてシルマンを生かし続けた。

サイフォ=ディアスとシルマンはフェルーシアで殺されたことにされた。シンジケートがサイフォ=ディアスを殺したおかげで、タイラナスはカミーノにおけるクローン軍団製造事業を秘密裡に引き継ぐことに成功した。

クローン戦争

「軍隊を作っているそうだな」
「ずいぶん早耳だな」
「闇の社会ってのは狭い世界だ。敵対するつもりは毛頭ないね。こっちから志願したい」
―ロム・パイクとダース・モール[出典]
PykeSyndicate-Eminence

モールに協力を申し出るパイク

クローン戦争中、パイク・シンジケートはシス卿ダース・モール率いるシャドウ・コレクティヴのメンバーとなった。モールがブラック・サンを無理やり味方に引き入れた後、ロム・パイクは自ら進んでコレクティヴへの参加を申し出たのである。モールとデス・ウォッチの指示に従い、パイクはサティーン・クライズ新マンダロリアン政府が支配する惑星マンダロアを攻撃した。パイクやブラック・サンが悪者を演じたおかげで、デス・ウォッチはマンダロリアンの救世主として故郷に戻ることができた。

クローン戦争末期、ジェダイのアナキン・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービがオバ・ダイアを訪れ、ロム・パイクと対面した。ジェダイはオバ・ダイアの月で墜落したサイフォ=ディアスのシャトルを発見し、彼の身に起きたことを調査していた。ロム・パイクはサイフォ=ディアスを殺したことを認めたが、生け捕りにしておいたシルマンを差し出すことで、暗殺を帳消しにしようとした。ジェダイがサイフォ=ディアスの死を調査していることを知ったダース・シディアスは、タイラナスに事態の収拾を命じた。彼はオバ・ダイアに駆け付け、余計なことを言われる前にシルマンの息の根を止めた。タイラナスはロム・パイクも殺害し、ケノービとスカイウォーカーの攻撃をかわして逃げ去っていった。

ダース・モールがシディアスに敗れスパイア刑務所に収監された後も、パイク・シンジケートはシャドウ・コレクティヴに留まった。モールが脱獄した後、パイクの代表者であるファイフは惑星オード・マンテルでコレクティヴの集会に参加した。グリーヴァス将軍率いる独立星系連合がオード・マンテルを襲撃した際、パイクは防衛戦で犠牲者を出した。パイクの代表者とブラック・サンのジットン・モジはモールの計画に懸念を抱いたが、ザブラクのシス卿は心配する必要など無いと請け合った。しかし、パイクはその直後に分離主義勢力の攻撃を受けて多くの船を失うことになった。パイクの代表者はモールの副官ローク・カストに連絡を取り、コレクティヴへの経済援助は打ち切ると宣言した。

クローン戦争が終わりに近づいていた頃、マーグ・クリムがシンジケートの指導者になった。ブラック・サンのジットン・モジは互いの犯罪組織を合併してはどうかと提案したが、クリムはこれを拒否した。モジは報復としてクリムの妻テズカと息子のヴラムラーリーの誘拐を命じた。組織の指導権を巡って手下数名と争っていたクリムは、シンジケートのメンバーを頼りにすることができず、賞金稼ぎを雇うことになった。クリムの家族を救出するために雇われたのは、元シス・アプレンティスアサージ・ヴェントレスと、秘密任務遂行中のジェダイ・マスタークインラン・ヴォスだった。2人は惑星ムスタファーにある要塞からクリムの家族を救い出したが、その後ブラック・サンはオバ・ダイアへの報復攻撃を開始した。

登場エピソード

参考資料

他言語版