FANDOM


「コルサントのあらゆる闇組織にコネのあるスパイス・ディーラーだ」
「パイク。連中も我々の軍に加わる」
プレ・ヴィズラダース・モール[出典]

パイク(Pyke)は惑星オバ・ダイア出身の知覚種族である。パイクのメンバーはケッセルからコルサントへのスパイス流通を取り仕切る犯罪組織、パイク・シンジケートを構成していた。

生態と特徴

パイクはヒューマノイド型の知覚種族だったが、ほとんどの人間よりもスリムで背が高かった。彼らは細長い2本の手足を持ち、手の指の数は3本だった。パイクは全体的に細身だったが、頭蓋は巨大で先細った形をしており、それに比べて顔面は人間の子どもほどのサイズしかなかった。その不格好な見た目が原因で、他種族のメンバーははじめパイクに違和感を覚えることが多かった。パイクには少なくとも男性と女性というふたつの性別があった。彼ら青やマゼンタ色のアーモンド形の目を持ち、涙を流すことができた。

歴史

クローン戦争中、スパイス・ディーラーの組織であるパイク・シンジケートはロム・パイクによって率いられていた。彼らはシス卿ダース・モールによって率いられた犯罪同盟、シャドウ・コレクティヴに参加した。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。