FANDOM


バー・ノライズ(Burr Nolyds)は人間男性で、尊大で裕福な貴族11 ABY帝国暫定評議会の指導者を務めた彼は、短期間銀河帝国を統治した。ノライズは帝国に重要な資源を提供し、この国家の政治機構をのしあがっていった。権力を求めた彼は、銀河皇帝パルパティーンの破滅を目的とした、元インペリアル・ロイヤル・ガードカノア・ジャックスの陰謀に加担した。皇帝が死ぬと、ジャックスは帝国の支配権を握ってクリムゾン・エンパイアを形成し、ノライズは暫定評議会のメンバーになる。そしてジャックスがロイヤル・ガードのキア・ケイノスによって殺害されると、ノライズが彼に代わって評議会を導く存在になり、帝国の統治者になった。

暫定評議会は惑星オード・カントレル都市デ=パーティーンにある建物で開かれ、ノライズは自らの権力に強く執着した。評議員のひとりフィーナ・ダスタは、帝国が銀河内戦で争う新共和国と和平協定を結ぶべきだと提案したが、ノライズはこの意見に反対した。しかしノライズによる帝国の支配は短命に終わった。評議員サンデル・カリヴァスの秘密の協力者ノム・アノアが、自爆システムを備えたメッセージ・ディスクをノライズの部屋に仕掛け、彼を暗殺したのである。動揺した暫定評議会は、新しい指導者を影から操ってノライズ暗殺について調査するため、役立たずだと思われていたカリヴァスをノライズの後継者に選出した。

経歴

台頭

Burr

バー・ノライズ

人間男性、バー・ノライズは、銀河帝国の時代に生きた横柄な貴族だった。彼はその裕福な財産を使って帝国に重要な資源を提供した。そのおかげで彼は帝国の政界をのし上がることができ、10 ABYまでに帝国ルーリング・カウンシルのメンバーになっていた。4 ABY銀河皇帝パルパティーン最初の死を遂げて以降、ルーリング・カウンシルは帝国内で強大な権力を手にしていた。そして10 ABY当時、彼らは野心的な皇帝のロイヤル・ガードカノア・ジャックスと協力関係にあった。パルパティーンがクローンの肉体で復活し、再び帝国を支配し始めると、ジャックスは皇帝を殺して権力を手に入れる陰謀を練った。支持者たちを厳しく縛る皇帝の支配に不満を持っていたノライズは、このクーデターを支持した。

ノライズと同様、ルーリング・カウンシルの他のメンバーたちも権力を保持しようと固く決心していた。彼らは協力して皇帝の医師を買収し、パルパティーンの複数のクローン体に破壊工作を行った。パルパティーンは、ダーク・エンパイア帝国軍を率いて銀河内戦新共和国と戦い、シャドウ・ハンド作戦を展開している最中だった。しかし破壊工作のせいで衰えた彼の最後のクローン体は11 ABY破壊され、カノア・ジャックスが帝国の支配権を手に入れた。ジャックスはクリムゾン・エンパイアを形成し、13人のメンバーによって構成される帝国暫定評議会を創設してそのリーダーに収まった。陰謀に加担したノライズも、13人の評議員のひとりだった。しかし皇帝の指令を失った帝国艦隊は混乱状態にあり、彼らが銀河系コア・ワールドから撤退したために帝国組織は崩壊してしまう。多くの艦隊司令官は帝国暫定評議会の命令に従うことを拒否して退却し、さまざまな軍将が独自の支配領域を形成した。そのため、クリムゾン・エンパイアの支配権はアウター・リム・テリトリーからコロニーへと伸びる帯状の領域(いまだ帝国の中央支配に従っていた唯一の領域)に限られていた。

ノライズと暫定評議会は、惑星オード・カントレル首都デ=パーティーンにある大邸宅から帝国を統治した。彼らは帝国に残っていたモフたちに対して多くの決定を下していた。ジャックスは、陰謀の事実を漏らそうとしていた一部の評議員を殺害する。ジャックスと極めて親しい評議員、サーセヴ・クエストは、何度か権力の乱用を行って反対派を投獄した。同じ、ジャックスは彼と同じく元ロイヤル・ガードのキア・ケイノスを帝国の脅威とみなし、探し求めた。しかしジャックスは、パルパティーンの死に責任がある人々に対して復讐を求めるケイノスによって惑星インチョア殺害され、暫定評議会を混乱が襲った。彼らはすぐにクエストを排除するため行動を起こし、彼を1間にわたる拷問にかけたあと、衛星ナー・シャッダへと追放した。そしてノライズは評議会の新しい指導者になり、帝国を統治する存在になった。

暗殺

Burrdeath

暗殺される直前のノライズ

ノライズが権力を握った頃、新共和国は帝国領の西部へと攻撃を仕掛け、惑星フィーダ占領していた。オード・カントレルの邸宅にある中庭で、ノライズは評議会の会合を開いた。暫定評議会のメンバー、フィーナ・ダスタは、和平協定を締結することこそが、新共和国の圧力に直面した帝国を再建する唯一の手段だと発言した。ノライズは、フィーナ・ダスタが評議会を分断して自身の権力を拡大しようとしていると言って糾弾し、カノア・ジャックスが死んだのだから全ての評議員は既に十分な権力を手にしている、と言って聞かせた。その後、彼は評議会を休会させ、自室へと退いた。

しかし、ノライズの部屋の床には、爆弾を内蔵したメッセージ・ディスクが置かれていた。評議員サンデル・カリヴァスの秘密の協力者で、カリヴァスを暫定評議会の指導者にしようとしていたノム・アノアが、ノライズを暗殺するために仕掛けたのだった。カリヴァスすら知らなかったが、ノム・アノアは外銀河出身の種族ユージャン・ヴォングエージェントだった。彼らは銀河系に対する大規模な侵略戦争に備え、帝国の崩壊を早めようと暫定評議会に狙いを定めたのだった。ノライズがメッセージ・ディスクを起動すると、その自爆システムが作動し、彼は爆発によって命を落とした。暫定評議会はノライズの死に混乱し、評議員のマード・ウィンドコーラーノリム・キムはカリヴァスを次の指導者に指名することに決めた。カリヴァスを指導者にしておけば、謎の暗殺者がこの決断力のない官僚を次の標的にしてくれるだろうと考えたのである。その一方で、彼らは状況を捜査してノライズの暗殺を調査していた。彼らは他の評議員の支持を集め、多数決でカリヴァスを指導者に選出した。

ノライズの暗殺について調査した帝国のガナー中尉は、メッセージ・ディスクにキア・ケイノスのロイヤル・ガードの紋章(アノアが故意に残したものだった)を発見した。その後ロン・バンジーア提督が殺された際も、ガナーは犯行に使われたナイフに同じ紋章を発見した。中尉は、かつてジャックスが脅威になるであろうと予言したケイノスが、暫定評議会を標的にしているのではないかと意見した。しかし人間至上主義イモーデット将軍は、暫定評議会の非人間種族のメンバーが人間に報復を行っているのではないかという独自の意見を口にした。権力を求めるカリヴァスは、意見の不一致を利用し、独自の警備部隊を設立して非人間の議員を逮捕させた。評議会を弱体化させたカリヴァスは、その後議会を解散させ、自分が新しい皇帝だと宣言した。

個性と特徴

Greengreeneyes

バー・ノライズ

バー・ノライズは、その財力によって銀河帝国で権力を手に入れた尊大な性格の貴族だった。ノライズは熱烈な帝国支持者だったが、パルパティーンの厳しい支配の下に置かれることを嫌い、皇帝を殺すためにカノア・ジャックスの陰謀に加わった。ノライズにとって、パルパティーン亡き後も彼に忠誠を誓い続けるキア・ケイノスの愛国心は、間違ったものだった。しかしノライズは、ストームトルーパー部隊を派遣するのでなく、個人的にケイノスを討伐しようとしたジャックスを愚か者だと考えていた。ジャックスの死後、ノライズは自身の利益を気にかけ、他の評議員たちを支配しようと試みた。

帝国の統治者になったノライズは、その権力を手放すまいとしていた。彼は新共和国と和平協定を結ぶべきだというフィーナ・ダスタの提案に反対し、それは帝国を敵に手渡すことに等しいと主張した。ノライズは死ぬまでに多くの敵をつくっていた。ノライズはダスタが個人の権力を増大させようとしているのだとおおっぴらに批判し、ウィフィッドチアンク評議員のプロトコル・ドロイドを“金属のご機嫌取り”と呼んで黙らせた。暫定評議会の指導者を務めた頃、ノライズは痩せたの男性で、肌は白くは緑色だった。彼は青と緑のローブを着こみ、ひとりのときに自分に話しかけることがあった。人生最後の瞬間が訪れる直前、彼はメッセージ・ディスクがテーブルではなく床に置かれていたため、それを残していった人物は野蛮だとつぶやいていた。

制作の舞台裏

バー・ノライズは、マイケル・リチャードソンランディ・ストラドリーによるコミック・ブック・シリーズ、『Crimson Empire II: Council of Blood』に登場したキャラクターである。彼は初登場した号でその死が描かれ、その後は別のキャラクターの台詞で言及されるだけとなっている。

登場作品

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはバー・ノライズに関する6枚の画像があります。
  • Crimson Empire II: Council of Blood 1 (初登場)
  • Crimson Empire II: Council of Blood 2 (言及のみ)
  • Crimson Empire II: Council of Blood 3 (言及のみ)
帝国暫定評議会のメンバー
イモーデット · カノア・ジャックス · クールータ=ファイフ ·
サンデル・カリヴァス · ジェラタイ · タン・スターパイア · チアンク · ノリム・キム
バー・ノライズ · フィーナ・ダスタのクローン · マード・ウィンドコーラー
マノス · レッド・ウェッセル · ロン・バンジーア
[edit]
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki