FANDOM


バーニン・コン(Burnin Konn)はアウター・リム・テリトリーアノート宙域に属す惑星クロミウムをはじめとする鉱石の採鉱コロニーとして知られた。地表のほとんどは居住に適さない荒地で、住民はコン=ネヴォス宇宙港ロングスター市場カーボン・スコア・カンティーナ等の限られた区域で生活していた。銀河帝国アデルハード総督がアノート宙域鉄の封鎖を敷いた時、バーニン・コンの市民は地元の犯罪王から生活必需品を入手せざるを得なくなった。エンドアの戦いの3か月後、バーニン・コンはシンダー作戦の標的となった。

特徴

バーニン・コンはアウター・リム・テリトリーアノート宙域バーニン・コン星系に属した。かつてはバーニン・コンにも固有の植物があったが、銀河内戦の時代には地表の大部分が居住に適さない荒地と化していた。地上の険しい岩山は鉱石資源が豊富で、炭末の雲を運ぶ危険な風が絶えず吹き荒れていた。

中央企業都市アーシスでは、惑星外からやって来た移民が険しい岩山の中で厳しい日光にさらされながら生活を送っていた。バーニン・コンには他にもアッシュヒープと呼ばれる都市があった。

歴史

バーニン・コンは固有の知覚種族を持たなかったが、銀河内戦の数世紀前にクロミウムドロヴァイト、その他の貴重な鉱石の採鉱コロニーとして入植が行われた。その結果、バーニン・コンはアノート宙域における4つの主要鉱業惑星の1つとなった。採掘事業は惑星固有の植物相を破壊し、バーニン・コンを居住に適さない荒地に変えてしまった。

住民

バーニン・コンの住民は惑星外からやってきた移民に起源を持ち、そのほとんどが人間ノソイーンだった。

登場エピソード