FANDOM


「おれたちにいますぐ決められるのは、希望がないといってここでやめるか、希望を求めてできることをするかだ」
―バーチ・テラー[出典]

バーチ・テラー(Berch Teller)は人間男性で、銀河共和国情報部に属した大尉クローン戦争終結した後は、銀河帝国に抵抗する反乱組織のリーダーを務めた。クローン戦争の初期、テラーは分離主義勢力宙域で諜報活動を行った。大戦の終盤、彼はアンター4に配属され、ゴウタルクーリヴァーから成る抵抗軍を訓練して分離主義者の統治者を悩ませた。しかし、共和国に代わって誕生した銀河帝国は、アンター4を独立星系連合に対する見せしめに選び、まだ旧共和国の協力者たちの撤退が終わらないうちにアンターの虐殺を実行した。多くの仲間を失ったテラーは、虐殺を指揮したモフウィルハフ・ターキンへの報復活動を開始し、志を同じくする反乱分子を集めた。帝国の誕生から5後、彼らはターキンの宇宙船キャリオン・スパイク>を強奪し、一連の妨害作戦を展開したが、テラーを除くメンバーは皆ターキンに捕えられた。その後、テラーは個人的にターキンの命を狙ったが失敗し、危険な獣がうろつくエリアドゥキャリオン・プラトーに置き去りにされた。[1]

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 出典:ターキン
他言語版