FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「ヨースト星系。帝国の手はまだ伸びてない。居住可能な月があって、そこなら必要なものはすべてそろうはず」
ケツー・オンヨ[出典]

バーザイトの月ヨースト星系惑星バーザイト軌道を周回していた。この衛星知覚種族の居住に適した大気を持っており、反乱軍は新しい隠れ家の候補地に挙げていた。

歴史

ヤヴィンの戦いの3前、反乱軍銀河共和国ラサットの星図を研究し、銀河帝国に見つかる恐れの低い居住可能な星を探した。彼らはヨースト星系に存在するバーザイトを新拠点に決めたが、帝国軍から盗んだクルーザー=キャリアー燃料が不足していたため、<ゴースト>のクルーホライズン基地から戻るまで移動することができなかった。ホライズン基地へ向かった反乱者の1人、アストロメク・ドロイドチョッパーはひょんなことからクラス4コンテナ輸送船に迷い込み、プロトコル・ドロイドAP-5と親しくなった。AP-5は帝国軍がヨースト星系に罠を仕掛けていることを警告し、代わりに惑星アトロンの座標を提供した。

登場エピソード

他言語版