FANDOM


バンサIIカーゴ・スキッフ(Bantha-II cargo skiff)はユブリキアン・インダストリーズ社が製造したリパルサーリフトスキッフである。帝国時代に使用されていた。

特徴

ユブリキアン・インダストリーズ社製バンサIIカーゴ・スキッフは反重力装置リパルサーリフトを利用した地上用ビークルである。長めのデッキを持ち、周囲には乗客や荷物を保護するための安全柵が設けられていた。コントロール・ステーションは後部にあり、パイロット1名だけで運用することができた。最高時速は250キロメートルで、先端部分は装甲が施されていたため正面衝突にも耐えることができた。[1]

歴史

惑星タトゥイーンを拠点に活動していた犯罪王ジャバ・ザ・ハット砂漠の熱と砂嵐に耐性のある頑丈なスキッフをいくつも所有し、バンサII型もそのうちのひとつだった。[1] 彼はクローン戦争の時代からラグジュアリー・セール・バージケタンナ>とスキッフを利用していた。[4]エンドアの戦いの直前、ジャバはルーク・スカイウォーカーハン・ソロチューバッカカークーンの大穴で処刑することに決めた。囚人たちはジャバの手下のスキッフに乗せられ、大穴へ運ばれた。しかし、処刑が始まる段になってスカイウォーカーがライトセーバーで抵抗したため、スキッフの上で乱闘が始まった。ジャバの手下数名が穴の底のサルラックに飲み込まれ、<ケタンナ>は破壊された。戦いが終わった後、スカイウォーカーたちはスキッフの1隻で戦場を後にした。[3]

制作の舞台裏

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するクラウド=ライダーズは、初期脚本ではバンサIIカーゴ・スキッフを使ってコンヴェイエクス攻撃することになっていたが、クリストファー・ミラーフィル・ロード監督(当時)がスキッフの代わりにスウープ・バイクを登場させることに決めた。[5]

登場エピソード

Skiff ST

ジャバのスキッフ

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 出典:アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科
  2. 2.0 2.1 出典:スター・ウォーズ スターファイター&ビークル事典
  3. 3.0 3.1 出典:スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還
  4. 出典:スター・ウォーズ クローン・ウォーズ(映画)
  5. TwitterLogo @jonkasdan(Jon Kasdan) - Twitter. “Not a coincidence at all. In the earliest drafts of the script Enfys Marauders attacked the Conveyex on Bantha II skiffs. When Chris & Phil decided they wanted to do swoop bikes instead, we found the Cloud Riders on Wookieepedia, from above Marvel comic, and it STUCK.”