FANDOM


バンコール保護区(B'ankor Refuge)は惑星コルサントの地名である。

歴史

のちに「バンコール保護区」と呼ばれるようになる地域はもともと個人が所有する草原地帯で、開発に必要な手続きが煩雑なために放置されていた。[1] 131 BBY[2] バンコーラ種族母星隕石衝突に見舞われた後、銀河共和国がこの地域一帯を取得し、バンコーラの生き残りの暫定的な居住区とした。その後、チェイセン・ピイアン最高議長がこの地域をバンコーラに永久譲渡し、“バンコール保護区”という呼び名が定着した。クローン戦争終結後、銀河帝国はバンコーラを保護区から追い出し、パラウVIに強制移住させた。その後、保護区には厳戒な警備体制が敷かれ、デス・スターの開発計画を担う天体パワー・プロジェクト総合施設が設立された。[1]

脚注

他言語版