FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「よく整備されたバトル・ドロイドに勝る部下なんかいないものね」
ドクターチェリ・ローナ・アフラ[出典]
ChristophsisDroidBattalion

B1バトル・ドロイドの大軍

バトル・ドロイド(Battle Droid)は戦闘用に設計されたドロイドである。トレード・フェデレーション独立星系連合は大規模なバトル・ドロイド軍を保持し、クローン戦争銀河共和国クローン・トルーパーに対抗する戦力となった。戦争終結後、連合軍のドロイドの一部は海賊や犯罪シンジケートの手にわたった。

歴史

ヤヴィンの戦いの32以上前から、トレード・フェデレーションバトル・ドロイドドロイデカから成るドロイド軍を保有していた。彼らはこの軍隊を使って惑星ナブー侵略した。分離主義運動の時代、独立星系連合(トレード・フェデレーションも傘下に加わっていた)はドゥークー伯爵のもとで大規模なバトル・ドロイド軍を形成した。分離主義勢力はB1バトル・ドロイドやドロイデカに加え、B2スーパー・バトル・ドロイドBXシリーズ・ドロイド・コマンドーDSD1ドワーフ・スパイダー・ドロイドオクトゥプタラ・コンバット・トライ=ドロイドLM-432クラブ・ドロイドIG-100マグナガードといった様々なバトル・ドロイドをクローン戦争に投入した。カリーシュサイボーググリーヴァス将軍がドロイド軍を指揮した。

クローン戦争が終結した際、独立星系連合のバトル・ドロイドは機能を停止した。しかし、銀河帝国の統治が始まった後も、破壊を免れた一部のバトル・ドロイドが使用され続けた。バトル・ドロイドによって構成されるドロイド・ゴトラは、クリモラ・シンジケートの手下として惑星コルサントで不法行為に手を染めていた。[1]

登場作品

B-2superbattledroid 1

独立星系連合が使用したB2スーパー・バトル・ドロイド

参考資料

脚注

  1. 出典:ターキン
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。