FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
CadBaneposter

ハイ・ギャラクティック・アルファベットで書かれたキャド・ベインの指名手配ポスター

賞金バウンティ(Bounty)は、標的を捕まえたり殺してくれた者に対して、依頼者が支払う報酬である。賞金を獲得することで生計を立てる者たちは賞金稼ぎ(バウンティ・ハンター)と呼ばれた。多くの賞金稼ぎはジャバ・デシリジク・ティウレタイバー・ザンといった犯罪王のために働いていた。

概要

殺害や捕獲の他にも、行方不明者捜索といったサービスに対して支払う報酬を賞金と呼ぶこともあった。賞金は身体的リスクが高い仕事ほど高額になることが多かった。ローディアンや、ギャンド捜索師の例が示すように、賞金稼ぎの仕事は銀河系の多くの文化圏で重要な役割を占めていた。

賞金は「地方賞金」、「星系賞金」、「宙域賞金」、「領域賞金」に分類されることがあった。賞金稼ぎは有効なB23-1-13許可証を提出することで最大限の見返りを受け取ることが出来た。管轄区によっては許可証のない者も賞金を稼ぐことが可能で、惑星ラマレッドではそれが普通だった。

銀河内戦期、銀河帝国の賞金システムには、パブリック(公的)とプライベート(私的)という2種類の賞金支払方法があった。後者の方法は賞金の提示者が匿名になり、賞金稼ぎ業のライセンスを持つ者であれば誰でもその賞金にアクセスすることができた。

登場作品

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。