Wikia

Wookieepedia

賞金稼ぎ

バウンティ・ハンターから転送)

8,461このwikiaの
ページ数
トーク0
正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 
「貴様達賞金稼ぎの手に負えるか?」
「任務をくれ。それでわかる」
ダース・ヴェイダーボバ・フェット[出典]
BountyHunters.jpg

ダース・ヴェイダーによって<エグゼクター>に集められた賞金稼ぎ

賞金稼ぎバウンティ・ハンター(Bounty hunter)は、指定された標的を捕まえるか殺害することで報酬を受け取る職業。標的の首には、賞金稼ぎが仕事に成功した際に支払われる懸賞金が懸けられていた。賞金稼ぎの中には報酬のために傭兵のような活動をする者もいた。

概要

賞金稼ぎへの仕事の依頼は、様々な組織や形態で行われた。ジャバ・ザ・ハットのような犯罪王が仕事を依頼することもあれば、銀河帝国反乱同盟のメンバーを捕まえるために賞金稼ぎに協力を求めることもあった。しかし、帝国軍将校の間には、賞金稼ぎに対する嫌悪感が存在した。[1] 賞金稼ぎは大がかりな任務を遂行する際にチームを組んで活動することがあった。[2]

歴史

銀河共和国の末期、有名な賞金稼ぎジャンゴ・フェットは、シスの暗黒卿ダース・ティラナスに雇われ、共和国グランド・アーミークローン軍団の遺伝子提供者になった。クローン軍団が完成した頃も、ジャンゴはティラナスや彼の率いる独立星系連合のために働いていた。ジオノーシスの戦いの直前、ジャンゴは同じく賞金稼ぎのザム・ウェセルを使ってパドメ・アミダラ元老院議員を暗殺しようとしたが、失敗に終わった。ジャンゴは口封じのためにジェダイに捕えられたウェセルを毒矢で殺害した。その後、ジャンゴはジオノーシスの戦いでジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥに殺害された。[3] ジャンゴのクローンで、彼の息子として育てられたボバも、後に賞金稼ぎになった。[1][3]

ホスの戦いの直後、ダース・ヴェイダーは反乱軍の宇宙船ミレニアム・ファルコン>を捕まえるために賞金稼ぎを雇った。彼は6名のハンター(ボスクデンガーIG-88ザッカス4-LOM、ボバ・フェット)をスーパー・スター・デストロイヤーエグゼクター>に集め、標的は必ず生け捕りにするよう念を押した。ボバ・フェットはこの任務に成功し、帝国軍はベスピンクラウド・シティで反乱分子を捕まえることに成功した。ボバは<ファルコン>の船長であるハン・ソロを報酬として受け取り、ソロに賞金を懸けていたジャバ・ザ・ハットに引き渡した。[1]

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

Wikiaネットワーク上

おまかせWikia