FANDOM


「わしが欲しいのは水分凝結機のバイナリー言語が理解できるドロイドだ」
オーウェン・ラーズ[出典]

バイナリー(Binary)、ドロイド言語(Droidspeak)はドロイドが一般的に使用する言語である。

概要

バイナリー言語はビープ音やホイッスル音の似たような組み合わせによって構成された。C1シリーズ・アストロメク・ドロイドや、インダストリアル・オートマトン社製のR2シリーズ・アストロメク・ドロイドは主要なコミュニケーション手段としてバイナリーを使用した。少数ではあるが、アナキン・スカイウォーカーヘラ・シンドゥーラレイのようにバイナリーをヒアリングできる有機生命体もいた。

バイナリー・ドロイドと有機生命体の意思疎通に用いられる最も一般的な方法はコンピューター・システムを用いた筆記だった。例えばスターファイターに乗り込んだアストロメク・ドロイドパイロットと“会話”する際には、ドロイドの発言が戦闘機のスクリーン上に文字となって表示された。

普段はバイナリーを話さないドロイドでも、この言語を理解することはできた。有機生命に対する意思表明に必要なコンピューター・システムがない場合、ベーシックを始めとする公用語を話すことのできるプロトコル・ドロイド等がバイナリー・ドロイドの発言を通訳することがあった。冷戦の時代、アストロメク・ドロイドのBB-8は第27世代のドロイド言語を使用した。

バイナリーは人工頭脳を持たない機械のプログラミング言語に用いられることもあった(例:バイナリー・ロードリフターや水分凝結機)。

知られているフレーズ

  • スプルルフト!(Sprrpft!):へええええ![1]
  • ルク=ルク。ウィーープ!(Wrrk-wrrk. Weeeeeoop!):反時計回りだと言っただろ![1]
  • ワ=ワ。ウリ=ウリ=ナウィクー!(Wah-wah. Wrry-wrry-nahwikoo!):ここから逃げ出そう![1]
  • プルプ=パリー=パリー ペルリープ?(Prrp-paree-paree pairreeoop?):うまくいかないわけあるか?[1]

参考資料

脚注