FANDOM


ハーナイダン[1](Harnaidan)は惑星ムウニリンストでもっとも大きな都市のひとつ。インターギャラクティック銀行グループの本拠地として機能していた。この都市のタワーはスカイフックによって惑星軌道都市のハイ・ポートと繋がっていた。クローン戦争中の21.7 BBY、ハーネイダンは銀河共和国勢力の侵略を受ける。

歴史

Harnaidan

ムウニリンストの戦いで街を偵察するドロイド

ハーナイダンは共和国の砲台によって広範囲の攻撃を受け、市外全体の地域を瓦礫にされてしまった。都市郊外の広々とした土地では、オビ=ワン・ケノービ率いるクローン・ランサー・トルーパーと、独立星系連合ジェンダイ傭兵ダージ率いるIGランサー・コンバット・ドロイドが戦いを繰り広げた。クローンのARC-77たちムウニリンスト10はハーナイダンの砲塔を破壊する。

共和国の侵略軍はムウニリンストの戦いに勝利し、ハーナイダンを占拠した。彼らは多大な犠牲を出したが、インターギャラクティック銀行グループを降伏させ、サン・ヒルを捕らえることに成功したのだった。この戦いはムウンのインフラ社会基盤を崩壊させ、銀河系を経済的な危機へと追い込むことになる。

やがてムウンはハーナイダンを再建し、この都市は惑星の首都となった。しかし、ハーナイダンはユージャン・ヴォングがムウニリンストを荒廃させたときに、ふたたび破壊されることになる。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・インサイダーEX』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki