FANDOM


ハーディンHardin)は、ジェダイホスが率いるアーミー・オブ・ライトに参加していた、フォース感応能力を持つ人間男性である。故郷ソモヴ・リットの慣習に従い、バグBug)というニックネームで呼ばれることが多かった。彼はいとこのルートダロヴィットザナーとともに惑星ソモヴ・リットで平穏無事な生活を送っていたが、平凡な毎日に苛立ち、脱出のチャンスを待ち望んでいた。ジェダイのトア・スナピットが惑星を訪れ、アーミー・オブ・ライトの新兵を募った際、ハーディンはソモヴ・リットを離れる機会に飛びつき、いとこたちと共に軍隊に参加した。

惑星ルーサンに到着した直後、シスの襲撃でザナーが行方知れずになり、スナピットもまた少年たちをかばって命を落とした。その後、ハーディンの無愛想で冷笑的な性格は消え去り、これまで長いこと批難してきたジェダイを称賛するようになった。一方、かねてからジェダイを崇拝していたダロヴィットは、光と闇の戦争を間近で目にし、ジェダイの弱さと現実を知って失望した。ダロヴィットはシス軍のブラザーフッド・オブ・ダークネスへ寝返ったが、ハーディンはいとこが抜けた穴を補うため、ジェダイ・ナイトになって自らの価値を証明しようと決心した。第七次ルーサンの戦いのさなか、ジェダイはシスの暗黒卿スケア・カーンが潜む洞窟へ迫り、ハーディンはその出口の見張りを任された。そこで彼はダロヴィットと再会し、決闘に臨んだ。ダロヴィットのシス・マスターであるギサニーがハーディンを倒したが、ダロヴィットはいとこに止めを刺すことが出来なかった。しかしその時、カーンのつくり出したソート・ボムの爆発がハーディンの命を奪い、彼の霊魂は1,000年以上もの間ジェダイの谷に囚われ続けることになった。しかし、ダロヴィットはハーディンの死をきっかけにシスの道を捨て、ルーサンで隠遁生活を送るようになった。

経歴

生い立ち

HardinArguesWithDarovit

ザナーの前で言い争うハーディンとダロヴィット

人間男性、ハーディンは、のどかな惑星ソモヴ・リットで幼少期を過ごしたため、銀河系各地を荒廃させた光と闇の戦争の影響を全く受けていなかった。ハーディンは、いとこのダロヴィットザナー(それぞれ、“トムキャット”と“レイン”というあだ名で知られた)とともに地方で生活していた。ソモヴ・リットの住民は、本名を口に出して言うとスワンプ・デーモンに命を奪われるという迷信を信じ、ニックネームで互いを呼び合っていた。そのため、ハーディンも周囲からは“バグ”と呼ばれていた。ハーディンたちは、年長のいとこ、ルートに面倒を見られていた。ハーディンとダロヴィットはフォース=センシティブの素質があることで知られていたが、ザナーにはフォースに触れる能力が無いと思われていた。

フォース能力の使い方を学んだハーディンは、食事用の魚を捕る際、フォースを使って獲物を呼び寄せていた。しかし、このようなフォースの乱用は、理想主義者であるダロヴィットを怒らせた。ハーディンは、ジェダイを崇拝するダロヴィットに苛立ち、彼のことを世間知らずと呼んで批判した。ハーディンは辺境の惑星の生活に飽き飽きし、どこか他の場所で、苛立たしい家族たちのいない素晴らしい人生を送りたいと願っていた。

ジェダイ

1000 BBYのあるトア・スナピットという名のジェダイがソモヴ・リットを訪れた。スナピットはジェダイのスカウトで、ジェダイ卿ホスが率いるアーミー・オブ・ライトのために訓練生を探していた。ハーディンとダロヴィットが言い争う様子に不安を覚えたものの、スナピットはこの少年たちを訓練することに決めた。ハーディンはジェダイに対して懐疑的だったが、ソモヴ・リットを離れ、広い銀河へ歩み出す機会を捨てようとはしなかった。フォースの才能を示したザナーも同伴することになり、子どもたちはスナピットに連れられルーサンに向かった。この惑星では、シスの暗黒卿スケア・カーン率いるブラザーフッド・オブ・ダークネスとジェダイが、長期にわたる戦いを繰り広げていた。ルーサンへの旅の途中もハーディンは落ち着きがなく、結局ダロヴィットと口論になってしまった。ハーディンは、ダロヴィットがザナーの代わりにフォースを使い、彼女をジェダイのテストに合格させたのではないかと疑っていた。するとダロヴィットは、家族を置いていきたくは無かったのだと言い返した。ふたりが口げんかを続ける中、スナピットの宇宙船はルーサンの上空でシス・バザード・ファイターによって襲撃された。この襲撃で、同じ船に乗っていたスラッカスラダックが命を落とし、ザナーは船外へ放り出されて眼下の森林に落下した。その後、ジェダイの援軍が到着し、バザード・ファイターは撃退された。

HardinFights

ルーサンの森林でシスの兵士と戦うハーディン

スナピットはダメージを負った宇宙船を森林に着陸させ、ホス卿の待つ野営地まで、子どもたちを連れて森林を旅することになった。旅の途中のある晩、スナピットとハーディン、ダロヴィットは、シスの兵士によって襲撃された。ハーディンは木の枝を棍棒代わりに使って身を守り、接近戦で少なくともふたりの敵を倒した。シスの軍隊による執拗な攻撃の結果、ハーディンたちは小さな峡谷に架けられたロープの橋へ追い詰められる。矢で足を負傷していたスナピットは、ふたりの少年が向こう側に移動するまで橋を守り抜いた後、ロープを切断した。スナピットは敵の兵士と共に峡谷の底へ落下し、自らの命と引き換えにジェダイ候補生を守った。ハーディンは安全な場所へ移動すべきだと主張したが、ダロヴィットはジェダイ・ナイトライトセーバーを回収するべきだと言って譲らなかった。ダロヴィットが戻ってくる頃には、シス軍が彼らに追いついていた。しかし、キール・チャーニー将軍が率いるジェダイの部隊が駆け付け、シスの軍勢を滅ぼし、少年たちを救った。

HardinLightsaber

ハーディンにライトセーバーを与えるホス卿

チャーニー将軍はふたりをジェダイの野営地へ連れて行った。ダロヴィットは、キャンプの苛酷な現状やと隣り合わせの生活を目にし、ジェダイに対する崇拝が失望に代わってしまった。一方でハーディンは、それまでの無愛想な態度を捨て、ジェダイは高潔で立派な人びとだと考えるようになった。キッチン・ワゴンの移動の手助けを頼まれた際、ハーディンは仕事を引き受けたが、ダロヴィットはこんな役目は自分にふさわしくないと考え、憤慨した。第六次ルーサンの戦いが終わる頃まで、ハーディンはこのキャンプで働き続けていた。そんな中彼は、戦いに参加したダロヴィットが、チャーニー将軍を殺してシス軍に寝返ったという報せを耳にした。ハーディンは当初、自分のいとこがしでかした行為に驚き嫌悪した。しかし彼は、ダロヴィットをジェダイの側に連れ戻し、家族に平和を取り戻すのは自分の義務だと気付いた。ホス卿がブラザーフッドとの最終決戦に備える中、ハーディンもサポート・スタッフたちと共に武装した。ホス卿は、ハーディンがダロヴィットに同調してジェダイを裏切ったり、復讐を求めて行動したりしないかと心配し、この少年に個人的に話しかけた。ホス卿はハーディンの返答に感銘を受け、彼をジェダイ・オーダーに迎え入れ、ライトセーバーを与えた。また、ハーディンは自分の本名をホスに教えた。

対決

BugHardin

ダロヴィットとの対決

ホス卿率いる部隊は、カーン卿の待ち受ける洞窟へと入っていった。ハーディンは、他2名のキッチン・スタッフとともに、洞窟の後ろの出口を見張るよう命じられた。物音を耳にしたハーディンは、他の見張りを連れて内部に足を踏み入れた。そこで彼らは、シス卿ギサニーと、彼女の弟子になっていたダロヴィットを発見する。ギサニーはふたりの見張りを殺害し、ハーディンを武装解除して追い詰めた。ハーディンは、動物を味方につけるフォース能力を使って洞窟のコウモリを呼び寄せ、ギサニーに群がらせた。その後、ハーディンはいとこと対峙し、彼を裏切り者と呼んでなじった。コウモリの襲撃から立ち直ったギサニーは、ライトウィップを使ってハーディンの右足を切断し、ダロヴィットにとどめを任せようとした。しかし、ダロヴィットはいとこを手にかけることが出来なかった。その次の瞬間、洞窟の奥でカーン卿がソート・ボムを爆発させた。ソート・ボムはハーディンの生命を吸収し、抜け殻となった彼の肉体は崩れ落ちた洞窟の鍾乳石に押しつぶされた。

ハーディンの死に衝撃を受けたダロヴィットは、フォースのダークサイドから転向した。ソート・ボムの爆発を耐え抜いたダロヴィットは、ジェダイやシスとしての生き方を捨て、隠遁者として暮らすようになった。ソート・ボムによって囚われたハーディンの霊魂は、後にジェダイの谷と呼ばれるようになった地に、1,000以上もの間閉じ込められた。5 ABYカイル・カターンジェレクを破り、ジェダイの谷の魂を自由にした際に、ハーディンを含むジェダイとシスの霊魂はようやく解き放たれた。

個性と特徴

ソモヴ・リット出身の少年ハーディンは、疑り深く議論好きな性格で、時には無礼ともいえる態度を示した。ハーディンはジェダイに心酔していたダロヴィットを軽蔑し、現実のジェダイは、ダロヴィットが信じているほど英雄的ではないと考えていた。そのため、彼は年長のいとこと頻繁に対立し、口論になった。ハーディンは他の者たちともうまくいっておらず、ソモヴ・リットを離れ、家族のいない場所で生活したいと願っていた。ルーサンでザナーが宇宙船から落下し、死んでしまったと思われた事件の後、ハーディンの対立的な性格は和らぎ、他者に対してより愛着を抱くようになった。その後、トア・スナピットが自らを犠牲にして少年たちを救った際、ハーディンは大声を出して感情を表現していた。ジェダイの現状に失望したダロヴィットとは対照的に、ハーディンはむしろジェダイの精神の気高さを評価するようになり、そのことで再びダロヴィットと言い争った。ハーディンはシスに寝返ったダロヴィットに激怒したが、すぐにその怒りを捨て、彼を再び味方に連れ戻してライトサイドのために戦おうと決意した。ジェダイの目標は気高いものだと考えていたハーディンは、いとこと再会した際、相手を裏切り者と糾弾し、ジェダイの道に背いたことを非難した。

力と能力

Hardin

フォースを使って魚をおびき寄せるハーディン

ルートは、いとこのハーディンに強いフォースが備わっていると信じていた。ソモヴ・リットで過ごした幼少期、ハーディンはフォースを使って食用の魚をおびき寄せ、漁をしていた。これは、他者の思考を読み、動物とコミュニケーションをとるテレパシー能力の現れだった。

制作の舞台裏

ハーディンは、コミック・ブック・シリーズ『Star Wars: Jedi vs. Sith』(ダーコ・メイカン作、ラモン・バックス画)に登場したキャラクターである。同シリーズに登場する3人の少年少女のうち、ハーディンは唯一最後までライトサイドの側に留まるキャラクターである。

登場作品

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはハーディンに関する6枚の画像があります。
  • Star Wars: Jedi vs. Sith (初登場)
  • Darth Bane: Path of Destruction (言及のみ)
  • Darth Bane: Rule of Two (言及のみ)

参考資料