FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
「確率など知ったことか!」
―ハン・ソロ[出典]

ハン・ソロ[1](Han Solo)は惑星コレリア出身の人間男性で、共和国再建のための同盟新共和国の英雄として銀河系にその名を知らしめた密輸業者である。惑星コレリアの孤児だったソロは、幼い頃に海賊ギャリス・シュライクに引き取られ、彼の手下として働くことになった。10代の頃、ソロはこの過酷な生活から逃げ出し、密輸業者に転身した。ソロはレジスタンス兵士のブリア・サレンと恋に落ちたが、サレンはふたりの関係よりも反乱軍の任務を重視し、ソロのもとを去っていった。その後、ソロはカリダ帝国アカデミーに入学し、優秀な成績を残したが、チューバッカという名のウーキー奴隷を助けたことで、軍人としての未来を閉ざされてしまう。これ以降、チューバッカはソロに命の借りを負い、恩人の身を一生守り続けた。チューバッカを相棒に、ソロは再び密輸業を開始する。彼は、ランド・カルリジアンとのサバックの勝負で手に入れた改造型貨物船ミレニアム・ファルコン>を操縦し、銀河で指折りの密輸業者のひとりになった。

銀河帝国に追われながら密輸行為を働いていた頃、ソロは、オビ=ワン・ケノービルーク・スカイウォーカーと偶然出会ったことがきっかけとなり、初代デス・スターからプリンセスレイア・オーガナを救出することになった。デス・スターの破壊に力を貸した後、ソロは反乱同盟軍の非公式なメンバーとして銀河内戦で戦った。4 ABY、彼は公式に同盟軍に加わり、将軍としてエンドアの戦いに参加した。彼はエンドア攻撃チームを指揮して第2デス・スターの破壊に貢献し、大勝利を収めた同盟軍は、同年に新共和国を設立した。

8 ABY、ソロはレイア・オーガナと結婚し、ふたりの間にはジェイナジェイセンアナキンという3人の子が生まれた。ソロは、時には妻の兄であるルーク・スカイウォーカーと行動を共にし、新共和国を脅かす数々の敵と戦った。妻のレイアや、忠実な相棒のチューバッカと共に、ソロはズンジ軍将スローン大提督、復活した皇帝パルパティーンナタシ・ダーラ提督、そしてイェヴェサとの戦いに身を投じた。25 ABY外銀河種族ユージャン・ヴォングによる新共和国侵略が始まった。4年間に及ぶユージャン・ヴォング戦争の間に、ソロは親友チューバッカと息子のアナキンを失う。最終的に、新共和国に代わって誕生した銀河同盟が侵略者を破り、戦争は終わった。40 ABY、ソロの息子ジェイセンは、フォースのダークサイドに転向してシス卿ダース・カイダスとなり、銀河同盟の支配権を握った。ハンとレイア・ソロ夫妻は、カイダスと対立する抵抗軍の側に立つことになる。カイダスが死に、第二次銀河内戦と呼ばれる内戦も終結したが、それ以降もソロと銀河同盟政府の間には緊張が残った。

登場作品

参考資料

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはハン・ソロ/レジェンズに関する39枚の画像があります。

脚注

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。