FANDOM


ハロワン[1](Halowan)はバッコウ・アームフェイカー宙域にあった不毛の惑星。この惑星にはIGシリーズドロイドを作り出したホロワン研究所が置かれていた。

歴史

IG-88 activated

創造主を虐殺するIG-88

15 BBYより以前のある頃、惑星ハロワンにはホロワン研究所が置かれていた。そして惑星ハホロワンの大惨事の舞台となる。4体のIG-88モデルアサシン・ドロイドと1体のIG-72ドロイドが、起動された直後、フラットドロイド計画に携わっていた人員たちの全員を虐殺したのである。これらのアサシン・ドロイドは研究室から脱出して惑星から遠くへと離れていき、彼らのドロイド革命を始めたのである。

また、ハロワンにはハロワン汎星系データ保管ライブラリーがあった。このデータバンクには銀河系中の恒星系の情報が格納されていた。共和国再建のための同盟に所属していた歴史家、ヴォレン・ナルは、3 ABYエコー基地での兵役を終わらせてきたあと、ハロワンのライブラリーを訪れた。ここにはホス星系に関する多くの基礎的な情報やホスの地理学に関する収められており、ナルはこれを記録していった。

登場作品

  • Therefore I Am: The Tale of IG-88 (初登場)
  • Star Wars: Rebellion

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・ユニバース』に基づく。
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki