FANDOM


ハド・アバドン[1](Had Abbadon)はディープ・コア惑星で、古代の神話上の惑星。伝説によると、惑星はジェダイ・オーダー、あるいはその前身となった組織の起源に関わりを持っていたとされる。

歴史

ヤヴィンの戦いより20,000年以上前、ジェダイ・オーダー銀河共和国が誕生した頃の時代、ハド・アバドンではフォースに関係する微生物、ミディ=クロリアンに関する研究が行われていた[2]

137 ABYケイド・スカイウォーカーダース・クレイトを殺害してシス・オーダーとその銀河帝国を崩壊に持ち込むために、このシスの暗黒卿を惑星ハド・アバドンへおびき寄せる計画を立てた。この頃、ハド・アバドンにはシス銀河皇帝に忠実な帝国の軍隊が駐屯していた。

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
  2. 出典:スター・ウォーズ 全史
他言語版