FANDOM


「『協会』? 笑えるわ。要するにギャング、でしょ?」
ゼヴ・エレクサス[出典]

ハドレックス・ギャング(Haddrex Gang)、別名ハドレックス協会(Haddrex Consortium)は銀河共和国時代に活動したギャング・グループである。ナブー危機以前、彼らは衛星ナー・シャッダキャド・ベイン率いる賞金稼ぎグループによって一掃される。当時、プロトコル・ドロイドFE-B3はハドレックスの通訳係として働いていた。[1]

脚注

他言語版