FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ハット[1](Hutt)は巨大なナメクジのような体を持ち、大きな口と目をした種族。ハット・スペースと呼ばれる巨大な領域の帝国を支配していた。ハットの起源は惑星ヴァールにあるとされていたが、銀河帝国宙図には、そうした名前の惑星は載っていなかった。彼らが住み着き、新しい故郷となった惑星はナル・ハッタである。ハットのメンバーはしばしば犯罪王とされてきた。

歴史

銀河内戦の4000年前に暗躍したグレート・ボガ・ザ・ハットは、その後のハットと同じ流儀で行動をしていた。ボガ・ザ・ハットは、ステネス星系の犯罪社会を支配しており、犯罪を助長し、富を得るためにはどのような手段も使った。彼の悪行を語るとき、必ずかたられるのは、ジェダイ訓練生アンデュア・サンライダーの殺害である。アンデュアは、貴重なアデガン・クリスタルを所持していた為に殺されたが、ジェダイ・オーダーを敵に回すことはいつの時代でも得策ではない。彼はアンデュアの未亡人ノーミ・サンライダーと、彼女を助けるジェダイ・マスターソンと戦うことになり、失敗した。

長い歴史には、わずかながらも善良なハットの記録もある。アールバ・ザ・ハットは、謙虚で正直なビジネスマンで、ボガ・ザ・ハットが隆盛する1000年ほど前に惑星シナガーで、宇宙船ドッキング・ポートと修理工場を経営し、成功していた。多くのハットは、彼のことを軽視し、中には架空のハットだと言う物までいるが、ハイパースペース航行図の制作者であるジョリゲイヴ・ダラゴン兄妹との関わりが証明している。

ハットは長寿のため、数百年かけて権力基盤を築けるが、競争相手はその間に死亡するので、犯罪でも他の種より有利である。例えば、ヤンス・ザ・ハットはこの長寿を利用し、組織ブラック・サンで出世し、ヴィゴと呼ばれる副官のひとりとなった。競争相手が死ぬ一方、ヤンスは500歳で、コルサントクリムソン・コリダーで、タスケン・オアシスの下にある秘密の隠れ家から、儲けになる商売を動かす上級ヴィゴとなったのだ。だが、ヤンスはこれからというところで、シス卿ダース・モールに殺されてしまった。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki