FANDOM


ハット・クラン(Hutt Clan)、あるいはハット・カルテル(Hutt Cartel)は銀河系でもっとも強力な犯罪ファミリーのひとつである。5つのファミリーの長老がハット大評議会を形成し、クラン全体を統治していた。クローン戦争初期、銀河共和国はハット・クランと同盟を結び、ハット・スペースを航行する権利を手に入れる。また、ハット・クランは一時的にダース・モール率いるシャドウ・コレクティヴの傘下に入った。銀河内戦期、ハット・クランは銀河帝国と同盟関係を結んで安定を手に入れたが、クランの権力者であるジャバ・ザ・ハットが死に、帝国も崩壊するとしだいに権力を失っていった。新共和国時代にはクランの影響力は見る影もなくなり、代わりにニクトがかつてのハットの地位にのしあがった。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版