FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

ハット(Hutt)は惑星ナル・ハッタ出身のナメクジのような姿をした巨体の知覚種族銀河的なギャングとして有名で、ハット大評議会が犯罪シンジケートのハット・クランを取り仕切っていた。有名なハットの犯罪王のひとり、ジャバ・デシリジク・ティウレは、惑星タトゥイーンで犯罪帝国を統治していた。

登場エピソード

参考資料

他言語版