Fandom

Wookieepedia

アーミテイジ・ハックス

ハックスから転送)

9,032このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
「よいリーダーというものは、チームの一員でありつつも、まわりとなれあってはいけないのだ」
―ハックス[出典]

アーミテイジ・ハックス(Armitage Hux)は人間男性で、ファースト・オーダー最高司令部に仕えた将校ファースト・オーダー軍将軍を務め、超兵器スターキラー基地の指揮を執った。銀河帝国の流れを汲む軍事政権において重要なミッションを任される立場にあったハックス将軍は、兵士たちに徹底的な忠誠心を叩き込むべく、厳しい訓練プログラムを採用した。ハックスは科学とテクノロジーを信奉し、ダークサイドの戦士カイロ・レンが象徴するファースト・オーダーの神秘主義的な側面に理解を示さなかった。

銀河帝国の時代、ハックスは惑星アケニスに生まれた。彼はアケニス・アカデミー司令官を務めるブレンドル・ハックスと女性料理人のあいだにできた子供だと噂されていた。銀河内戦の終わりにアケニスが新共和国の手に落ちた時、ハックスとその父親は味方によってアカデミーから救出された。ジャクーの戦いを経て銀河協定が成立すると、ハックス父子は帝国宇宙軍の残党に加わり、未知領域へ姿を消す。この勢力はのちにファースト・オーダーへ生まれ変わり、ハックスは父親がアケニス・アカデミーで採用していた冷酷な訓練方法を新体制のもとで復活させた。新共和国から烏合の衆と見なされていたファースト・オーダーだが、ハックスの訓練プログラムによって強大な軍隊を築き上げることに成功する。また、ハックスはスターキラー基地の超兵器を実際に新共和国に対して使用する日を待ちわびていた。彼は新共和国こそ銀河の安定を揺るがす脅威だと信じ、銀河を再征服することが自分の運命だと考えていた。

銀河内戦から約30年後、ハックスとレンはルーク・スカイウォーカーの居場所を示す地図の回収任務を与えられ、惑星ジャクーへ赴いた。しかしファースト・オーダーは敵対勢力レジスタンスに地図を先取され、度重なる奪取の試みも失敗に終わった。この事態を受け、ハックスは今こそ新共和国を攻撃する時だと最高指導者スノークに進言し、超兵器使用の許可を得る。共和国の首都がある惑星ホズニアン・プライム星系もろとも破壊した後、ハックスはディカーレジスタンス本部を次の標的に定めたが、兵器の充填中にスターキラー基地への奇襲が始まった。エネルギー充填が完了する直前、スターキラー基地はレジスタンス・パイロットポー・ダメロンに破壊され、ハックスたちは脱出を余儀なくされた。

経歴

Editicon.png このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

制作の舞台裏

ハックス将軍は2015年の映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』のために創り出されたキャラクターである。俳優はドーナル・グリーソン。キャスティングは2014年4月に発表され、『フォースの覚醒』のキャストが一堂に会した写真が公開された。その後グリーソンは故郷アイルランドのダブリンに映写室を借り、新作の撮影に備えてスター・ウォーズ旧3部作を鑑賞した。ハックス将軍という名前など、キャラクター名を含め、ハックス将軍に関する詳細な情報は2015年7月のサンディエゴ コミコンで初めて明かされた。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki