FANDOM


「ここで笑うべきなのか涙を流すべきなのか、本気でわからなくなってきたが。これまでおまえについては、才能のある密輸業者で優秀な傭兵と思っていた。それが涙もろいシャペロン(付き添い役)だったとはな」
―ウィルハフ・ターキン[出典]

ハズ・オビット(Has Obitt)は惑星ドレッセル出身の男性ドレッセリアンで、銀河共和国末期から銀河帝国時代にかけて活動した密輸業者である。貨物船パイロットとして何度かジェダイ・オーダーのためにも働き、クローン戦争中にはライロスヘレナクリストフシスマージなど、共和国と分離主義勢力両陣営の惑星で利益を挙げた。オビットは幾度となく窮地をくぐり抜けた信頼のおけるパイロットとして定評があり、その手腕を買われて共和国工兵隊オーソン・クレニック少佐から秘密任務への協力を要請された。オビットはクレニックとマテーゼに率いられた共和国情報部の諜報チームをマージに潜入させ、その直後にはヴァルトゲイレン・アーソとその家族を惑星外へ運び出した。その後、オビットは分離主義者の勢力圏ではおおっぴらに仕事ができなくなり、銀河帝国の時代が始まるとほとんど仕事がなくなった。

帝国政府と関わるのを避けて中買人として働いていた時、オビットはマテーゼと再会して仕事を依頼され、サモヴァーワディ・ラッファ等のレガシー惑星に旧分離主義勢力の兵器を密輸した。のちにオビットは、この仕事がレガシー惑星で乱開発を行うために帝国が仕組んだ陰謀だったことを知った。間もなく彼はクレニックから再接触を受け、ゲイレンの妻ライラ・アーソナリ・セーブルを惑星アルピンの調査旅行に送り出した。この旅の途中、オビットは彼女たちとの交流を通じて自分のすべきことを考え直し、帝国による乱開発の真実を2人に教えた。その後、オビットはソウ・ゲレラとともに密輸業者や傭兵のグループを率いてセイリエント星系における反乱に参加した。オビットは戦いに敗れてモフウィルハフ・ターキンの捕虜になったが、クレニックとライバル関係にあったターキンは、オビットを自分のスパイとして利用することに決めた。ターキンに従順なふりをしてクレニックのもとに戻ったオビットは、ゲレラと協力してアーソ家がコルサントから逃げ出すのを手伝った。

登場作品

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。