FANDOM


ハスク(Hassk)は毛深く野生に近いサブヒューマノイド種族ファースト・オーダー=レジスタンス紛争の時代、複数のハスクの悪党グループが銀河系のみすぼらしい地帯を徘徊していた。そのうち、“ハスクの3人衆”として知られる者たちはタコダナにあるマズ・カナタに滞在した。

生態と特徴

ハスクはサブヒューマノイド種族だった。彼らの体のほとんどはクリームの毛に覆われていたが、顔は灰色の肌が露出していた。彼らの耳は敏感で、オレンジ色のふたつの大きな目は暗闇でも優れた視覚を誇った。彼らの口には肉を引き裂く鋭い牙が並んでいた。

社会と文化

ハスクは知覚種族であるにも関わらず野生動物さながらの獰猛なふるまいを見せ、文化も原始的だった。ハスクは多子出産で生まれることがあり、兄弟のことをリッターメイト(同腹の子の意)と呼んだ。

銀河系におけるハスク

初めて先進的なテクノロジーに触れた際、ハスクたちは技術がもたらす影響に対して道徳的な準備ができていなかった。そのため、故郷を離れリッターメイトと共に銀河系を放浪し始めたハスクたちは、各地のいかがわしい場所でトラブルを引き起こした。

エンドアの戦い以降の時代、1名のハスクがグレイ・ガンダークスという名のスピーダー・バイクギャング団に所属していた。彼らは惑星パニマ・ターミナルシス卿ドゥークー伯爵の失われた宝を手に入れようとしていた。

ヴァーミックを始めとする“ハスクの3人衆”は、ファースト・オーダーレジスタンス紛争を繰り広げていた時代に惑星タコダナにある海賊マズ・カナタに滞在していた。彼らはしばしば城のメイン・ホールで悪さを働こうとしたが、他の者たちは沈黙を守り通した。

制作の舞台裏

ハスクは2015年電子書籍で発売された短篇『The Crimson Corsair and the Lost Treasure of Count Dooku』(ランドリー・Q・ウォーカー著)で初登場を果たした。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。