FANDOM


Atticon

この記事の題名はニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

この記事は正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

「こっちへ来い、グリザー。そこには何もない」
―ハウンド[出典]

ハウンド(Hound)はコルサント・ガードに所属したアドバンスト・レコン・フォース・トルーパーのニックネーム。階級はクローン・サージェントで、惑星コルサント共和国軍事作戦センターに配属されていた。彼は基地の刑務所から脱獄したパダワンアソーカ・タノの捜索隊に加わった。

経歴

ハウンドは惑星カミーノで生み出された共和国グランド・アーミークローン・トルーパーの1人である。クローン・サージェントの階級を与えられたハウンドは、ARFトルーパーとしてコルサント・ガードに仕え、銀河共和国首都惑星コルサントにある共和国軍事作戦センターに配属されていた。

クローン戦争の終盤、レッタ・ターモンドを殺害した容疑で逮捕されたパダワンアソーカ・タノが共和国軍基地内の刑務所から脱獄した。タノが基地の外に逃げた直後、ハウンドはグリザーという名のマシフを引き連れ、建物周辺の捜索を行った。グリザーはタノの匂いを敏感に嗅ぎつけたが、彼女は素早く跳躍して身を隠し、ハウンドの視界から逃れた。

装備

ハウンドはコルサント・ガードを象徴する赤いマーキングが施されたARFトルーパー用アーマーを装着していた。また、彼の肩部アーマーにはマシフのイラストが描かれていた。ハウンドは腰にカーマを付け、ホルスターにDC-17ハンド・ブラスターを収めていた。

登場エピソード

Hound Concept

ハウンドのコンセプト・アート(JP・バルメット画)

参考資料

他言語版