FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「ハイポリには、戦争の十年か、もしかしたら三十年以上前に建てられたバクトイド・アーマー社のドロイド工場がある。その工場はまだそのまま残っていて、稼働もしているかもしれない。でも、周りにあったすべての施設が、新しくて設備も改良された建物を含めて破壊されたんだ」
ゲイレン・アーソ[出典]

アウター・リム・テリトリー惑星ハイポリには銀河帝国研究所があった。この施設はもともとテクノ・ユニオン監督者ワット・タンバークローン戦争の数十年前に設立したバクトイド・アーマー・ワークショップ社の秘密ドロイド工場だった。クローン戦争で破壊を免れたドロイド工場は、帝国の天体パワー・プロジェクトの施設として改造され、デス・スターバトル・ステーション開発計画に寄与した。ハイポリでカイバー・クリスタル駆動の試作型レーザー装置が組み立てられ、試射実験が成功した後、オーソン・クレニックスター・デストロイヤーターボレーザーでハイポリの研究所を破壊した。[1]

登場エピソード

脚注