FANDOM


類似した名称の記事はハイポリの戦い(曖昧さ回避)を参照

ハイポリの戦い(Battle of Hypori)は第一次ジオノーシスの戦いの4か後に惑星ハイポリで発生したクローン大戦の戦闘である。分離主義勢力ドロイド・アーミー最高司令官グリーヴァス将軍が初めて公に姿を現した戦いとして知られる。ジェダイ・マスターダアクマン・バレクが集めた情報に基づき、銀河共和国はハイポリにある独立星系連合ドロイド工場を攻撃したが、連合軍は共和国軍の到着を待ち受けていた。共和国のクローン・トルーパーB2スーパー・バトル・ドロイドの大軍に一掃された。

戦いに参加したジェダイは、墜落したアクラメイター級アサルト・シップの残骸の中に追い詰められ、バトル・ドロイドに包囲された。バレクを殺害したグリーヴァスは、ドロイドの進軍を止め、自らジェダイの生存者との対決に臨んだ。サイボーグの将軍はライトセーバーの戦いでシャア・ギター・シアを殺害し、シャアク・ティアイラ・セキュラカクルークを負傷させた。オビ=ワン・ケノービによって派遣されたムウニリンスト10が現場に到着した際、グリーヴァスに立ち向かっていたのはキ=アディ=ムンディただひとりだった。ARCトルーパー部隊はグリーヴァスを攻撃しながらジェダイの生存者(死んだと思われていたカクルークを除く)を回収し、戦場から撤退した。

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。