FANDOM


「ハイポリは閉鎖されたんじゃない。破壊されたんだ」
―ゲイレン・アーソ[出典]

ハイポリ(Hypori)は銀河系アウター・リム・テリトリーに属した惑星である。銀河共和国時代はテクノ・ユニオンの支配下にあり、クローン戦争戦場になった。戦争終結後、銀河帝国はハイポリにあった旧分離主義勢力ドロイド工場デス・スタープロジェクト研究所として再利用した。

特徴

惑星ハイポリは銀河系アウター・リム・テリトリーに属した。ハイポリに広がるは、人間が実際に面を歩けるかもしれないほど分濃度が高かった。平均海面よりも60メートル以上低いところには、蛍光の黄色やオレンジに染まったマグマが広がり、広大な岩塩のに流れ込んでいた。熱水の光景の中には硫黄の露出、溶岩火道、塩水と腐食性の酸で乳緑色になった小さな池が点在した。こうした地形は古代の噴火クレーターのギザギザとした黒い壁に囲まれていた。[1]

歴史

銀河共和国時代、ハイポリはテクノ・ユニオンによって支配されていた。テクノ・ユニオンの監督者を務めるワット・タンバーはこの惑星に独立星系連合の秘密ドロイド工場を設置し、バクトイド・アーマー・ワークショップ社バトル・ドロイドを製造した。クローン戦争中、銀河共和国はハイポリで分離主義勢力と戦ったが、アクラメイター級汎銀河軍事用アサルト・シップを撃墜され、地表に堕ちた船の中でジェダイ・ナイトたちが敵の奇襲を受けた。[1]

バクトイド・アーマー・ワークショップの工場は戦争での破壊を免れ、のちに銀河帝国の管理下に入った。帝国はこの施設を天体パワー・プロジェクト研究施設として再利用し、デス・スターバトル・ステーションに使う武器の設計と製造が行われた。オーソン・クレニック中佐の指揮のもと、ハイポリではプロトタイプのカイバー・クリスタル駆動レーザー装置が試射発射のために組み立てられた。ブラックホール連星ヒーロー・ツインズでの実験が成功した後、クレニックはスター・デストロイヤーターボレーザーを使ってハイポリの施設を一掃し、そこで働いていた研究者たちを“恒久的な配置換え”とした。その後、ハイポリで働いていたリーヴァ・デメスンと連絡が取れなくなったことを不審に思ったライラ・アーソは、友人のナリ・セーブルにハイポリの調査を依頼した。[1]

制作の舞台裏

Hypori droids

『クローン大戦』で描かれたハイポリ

ハイポリはレジェンズのアニメ『スター・ウォーズ クローン大戦』の舞台となった惑星である。2016年、ハイポリは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ビギナー・ゲーム』で初めて正史設定に紹介された。また、小説『カタリスト』ではハイポリが物語の舞台になると同時に、秘密ドロイド工場、墜落したアクラメイター級艦など、『クローン大戦』へのオマージュとなる設定がいくつか語られた。

登場作品

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。