FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
「ハイディアン・ウェイの封鎖が解けてしまえば、オード・ラダマを奪回した共和国の増援部隊が洪水となって、とうてい止められなくなるだろう」
ダース・マルガスの日誌より[出典]

ハイディアン・ウェイ[1](Hydian Way)は、銀河系の端にあるコーポレート・セクターから始まり、惑星エリアドゥを通過して反対側の端へと至る、長大なスーパー=ハイパールートである。銀河系全土を横切る唯一のハイパーレーンだった。3700 BBY頃、ブレンタールIV出身の有名な探検家、フレイア・カレアによって開拓されたハイディアン・ウェイは、スライス領域を外側へと広げ、銀河文明のスケールを根本から変えてしまった。この航路は、カレアの協力者で、デュロス偵察兵であるバヌー・ハイディアにちなんで名づけられていた。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。