FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「エリアドゥにとって援助は願ってもないことです。セスウェナが安定すればハイディアン・ウェイの緊張も緩和するでしょうから」
パルパティーン議員に対し、ウィルハフ・ターキン[出典]

ハイディアン・ウェイ(Hydian Way)は銀河系アウター・リム・テリトリーを通過するハイパースペース・ルート銀河共和国時代の初期に形成された。

歴史

共和国時代

「ハイディアン・ウェイ沿いに我が艦隊を増強する」
プロ・クーン[出典]

ハイディアン・ウェイの形成には、コア・ワールド惑星コルラグが大きな影響を及ぼしていた。銀河共和国時代初期、アウター・リム・テリトリーセスウェナ宙域におけるロマイト産業に目を付けていたコルラグは、ハイディアン・ウェイをセスウェナ宙域に通すよう銀河元老院に働きかけた。セスウェナの首都惑星エリアドゥはコルラグに搾取されたが、ハイディアン・ウェイとリマ・トレード・ルートの交差点上に位置していたおかげで発展を遂げた。

カルパナ最高議長の時代、ナブー選出のシーヴ・パルパティーン元老院議員自由貿易ゾーンの治安維持強化の法案を支持するなど、セスウェナ宙域にとって有益な政策を後押ししていた。エリアドゥ出身の士官候補生ウィルハフ・ターキンは、サラスト・セクター・スペースフェアラー・アカデミーでパルパティーン議員と対面した際、議員の政治方針に感謝し、セスウェナが安定すればハイディアン・ウェイの緊張も緩和されるはずだと語った。

帝国時代

ヤヴィンの戦いの14前、バーチ・テラー率いる反乱分子コルベットキャリオン・スパイク>を使って銀河帝国に対する妨害活動を開始した際、帝国軍はハイディアン・ウェイやリマ・トレード・ルート沿いに部隊を展開させた。

登場エピソード