FANDOM


「何としても爆撃機を阻止しろ」
アナキン・スカイウォーカーに対し、メイス・ウィンドゥ[出典]

ハイエナ級ボマー(Hyena-class bomber)はバクトイド・アーマー・ワークショップ社が製造したドロイド・スターファイターヴァルチャー・ドロイドをもとに設計された重装甲爆撃機だった。クローン戦争中、独立星系連合が使用した。

特徴

HyenaBomber2-SWE

歩行モード

バクトイド・アーマー・ワークショップ社[1] ハイエナ級ボマーは、強力な爆弾を搭載できるよう設計された自律式ドロイド・スターファイターである。可変翼自動推進式バトル・ドロイド・マークI(別名ヴァルチャー級ドロイドスターファイター)をもとに開発され、より大型かつ頑丈な船体によって安定した飛行を可能にしていた。ヴァルチャー・ドロイドと同様、ハイエナ・ボマーは翼を組み替えることで歩行モードに変形することができた。全長12.48メートルで、全高は3.1メートル(いずれも飛行モード時)だった。[2]

ハイエナ・ボマーの船体中央にはドロイドの“頭部”のようなユニットがふたつあった。このうち右側のユニットにドロイドの中央処理装置が収められ、赤く輝くフォトレセプターが備わっていた。左側のユニットは武器庫になっており、下部にピンポイント爆撃用のフォトレセプターが設置されていた。ハイエナ・ボマーは4連レーザー砲と翼部ミサイル発射口、爆弾投下シュートを備えていた。[2] ハイエナ・ボマーは爆弾倉にプロトン魚雷プロトン爆弾震盪ミサイルを収納していた。これらの強力な弾頭は、敵スターファイターや地上施設への攻撃に効果的だった。[1]

歴史

クローン戦争中、ハイエナ級ボマーは独立星系連合によって使用されたが、目立った活躍は見せなかった。クリストフシスの戦いライロスの戦いに参加した。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

独立星系連合
指導者 ダース・シディアス - ドゥークー伯爵国家主席) - グリーヴァス将軍ドロイド軍最高司令官
分離主義評議会 ヴァイスロイヌート・ガンレイ - ルーン・ハーコ - ポグル・ザ・レッサー大公 - エマーワット・タンバー監督者 - サン・ヒル会長 - パッセル・アージェンテ監督官 - シュ・マーイ会頭 - ポ・ヌードー - ティッケス元老院議員
分離主義元老院 ヴォー・アテル - バイ・ブラス - ミーナ・ボンテリ - アミータ・フォンティ - カーチ・クシ - ベック・ラワイズ - パン・リンバウド
主な参加勢力 トレード・フェデレーション - テクノ・ユニオン - バクトイド・アーマー・ワークショップ社 - インターギャラクティック銀行グループ - コマース・ギルド - コーポレート・アライアンス - クオレン孤立主義同盟 - リテイル・コーカス
関連用語 シャドウフィード - 分離主義危機
連合軍
組織 分離主義勢力ドロイド軍 - 分離主義勢力宇宙軍 - アンバラン民兵 - オンダロン近衛兵
バトル・ドロイド B1型ロケット - グラップル - ファイアファイター) - B2型B2-HA - B2-RP - ロケット・トルーパー - グラップル) - OOM型コマンド - セキュリティ - パイロット) - ドロイデカシャープシューター) - アクア・ドロイド - オクトゥプタラ・ドロイド - クラブ・ドロイド - デモリッション・ドロイド - ドロイド・コマンドー - ドワーフ・スパイダー・ドロイド - ドロイド・ガンシップ - バズ・ドロイド - ヘイルファイア級ドロイド・タンク - ホーミング・スパイダー・ドロイド - マグナガード - LR-57 - SD-K4
ビークル AAT - DDT - スーパー・タンク - MTT - NR-N99 - STAP - プロヴィデンス級 - ミュニファスント級 - レキューザント級 - ルクレハルク級 - サブジュゲーター級 - ハードセル級 - プンウォーカ116級 - トライデント級 - シーシピード級 - C-9979着陸船 - DH全能支援船 - ドロイド・トライ=ファイター - ナンテックス級 - ヴァルチャー・ファイター - ハイエナ級ボマー - ベルブラブ22 - ローグ級スターファイター
[テンプレート]