FANDOM


ノール・ヴェナーリ[1](Knol Ven'nari)はボサン女性で、ジェダイ・マスター銀河共和国の最後の十数間に活躍した。ジェダイとしてのキャリアの中で、ヴェナーリはウーキーの盗賊たちを追い払うことで、ボサン・スペースを救ったことがある。ヴェナーリはフォースで炎を操るその能力にちなんで、仲間のボサンたちからファイア・イーター(Fire Eater)というニックネームを付けられていた。やがてジェダイ・マスターへと昇格したヴェナーリだったが、彼女はパダワン見習いをとって教育することを拒んだ。彼女は弟子を教育する代わりに、フォースが自分を導くがままに銀河系をさまよい歩くことを選んでいたのだ。よって、彼女は首都惑星コルサントにあったジェダイ・テンプルをめったに訪れることがなかった。そしてヴェナーリは、ジェダイ・オーダーにおける伝説的存在として考えられるようになった。クローン戦争が勃発してから4ヵ後、ヴェナーリは惑星クウェイタへと派遣されることになる。この任務には、ヴェナーリの他にニコ・ディアスフェイジョン・アンティリーズたちマスターと、ジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービが派遣された。

ヴェナーリたちジェダイのチームの目標は、クウェイタの溶岩流に浮かぶ独立星系連合施設からスワンプ・ガスの解毒剤のサンプルを回収することだった。スワンプ・ガスとは、分離主義者たちが共和国グランド・アーミークローン・トルーパーに対して使用を計画していた毒ガスの化学兵器である。ヴェナーリたちが施設へと侵入した直後、分離主義勢力のエージェント、アサージ・ヴェントレスダージが彼女たちの前に立ちはだかった。ダージは歩哨のスカコアンを撃ち、彼らの呼吸するメタンによって爆発を引き起こした。ヴェナーリはフォースを使って炎を自分のほうへと引き寄せる。この行為でヴェナーリは全身に大やけどを負ってしまい、命を落とすこととなった。最終的に任務を生き残ったのはオビ=ワン・ケノービだけだった。解毒剤を回収した彼は、ジェダイ・テンプルへの帰還を果たす。その後、ヴェナーリたちクウェイタで死んだジェダイ・マスターたちを讃えるホログラフィック追悼式が、ジェダイ・テンプルで執り行われた。

経歴

Ven'nari holo

ヴェナーリのホログラム

ノール・ヴェナーリはボサン女性で、銀河共和国時代の最後の数十に誕生した。ジェダイ・オーダーに引き取られたヴェナーリは、フォースの教義の訓練を受け、やがてジェダイ・マスターの称号を手に入れた。ヴェナーリは自分自身のパダワン見習いを取って教育するのを拒否していた。その代わり、フォースが自分を導くままに、銀河系を渡り歩いていくことを選んだのである。ジェダイとしての彼女の活躍の中に、ボサン・スペースでの戦いがある。彼女はウーキーの盗賊たちと戦い、この領域を守ったのだ。彼女の仲間のボサンたちは、ヴェナーリのフォースで炎を操る能力にちなんで、このジェダイ・マスターに“ファイア・イーター”というニックネームを付けた。ヴェナーリはめったに首都惑星コルサントジェダイ・テンプルへと戻ってこなかったジェダイのひとりである。銀河共和国と独立星系連合のあいだにクローン戦争始まる頃には、ヴェナーリはジェダイ・オーダーの伝説的存在として考えられるようになっていた。

クローン戦争が始まってから4ヵ後、ヴェナーリはスワンプ・ガスと呼ばれる分離主義勢力の化学兵器の解毒剤を回収する任務に割り当てられた。彼女とジェダイ・マスターのニコ・ディアスフェイジョン・アンティリーズ、そしてジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービからなるチームの目的地は、惑星クウェイタの分離主義者の施設だった。分離主義者たちはすでに、惑星ナブー衛星オーマ=ダンでスワンプ・ガスを試し、入植していたグンガンたちの大量虐殺に成功していた。その後、分離主義者は共和国のグランド・アーミークローン・トルーパーに対して、この毒ガスを使おうと計画していたのである。ジェダイ・ナイトのオビ=ワン・ケノービがヴェナーリたちジェダイ・マスターと合流したとき、彼女はケノービが遅れてきたことに対して苛立ちをあらわにした。また、ヴェナーリは任務に割り当てられたわけでもないのにチームに加わっていたアンティリーズに対して疑問を投げかけた。彼女の問いかけに、アンティリーズは行動に関する自論を展開した。その後、ヴェナーリとそのチームはクウェイタの溶岩流の上に浮かぶ分離主義者の施設への侵入に成功した。基地の中に侵入すると、ヴェナーリとディアスは基地を警備しているはずのバトル・ドロイドがいないことに気付いた。彼女は基地の歩哨であるスカコアンならば戦いやすいと考えたが、この考えはアンティリーズに否定された。スカコアンの歩哨たちはメタンを呼吸しており、ライトセーバーでむやみに攻撃すると、彼らの与圧服が爆発する危険があるからである。ケノービは基地の地図にアクセスし、彼女らが探している解毒剤が置かれている研究所の場所を割り出した。

Ven'nari's death

ヴェナーリの死

基地内のジェダイたちの前に、ダーク・ジェダイアサージ・ヴェントレスバウンティ・ハンターダージが現れた。彼らはヴェナーリたちに、スパイからの報告で前もってジェダイがクウェイタに現れることを知っていたのだと告げる。ダージがふたりのスカコアンを撃って爆発を引き起こそうとしたとき、ヴェナーリはアンティリーズやディアス、フェイ、ケノービたちに脇にどくよう指示を出した。そしてヴェナーリは爆発したスカコアンの炎を、フォースのパイロキネシス能力で自分のほうへと引き寄せる。炎が静まると、ヴェナーリは全身に大やけどを負った姿でディアスたちに発見された。彼女は自分がいまにかかっているのだとディアスに語りかけ、ディアスは死にゆくヴェナーリの痛みを和らげるためにフォースを使用した。

ヴェナーリの死後、ディアスやアンティリーズ、そしてフェイも、ヴェントレスとダージによって殺されてしまった。だが、ケノービだけはクウェイタを生きて脱出することに成功し、無事に解毒剤を惑星コルサントのジェダイ・テンプルへ運ぶことができたのだった。その後、ジェダイ・テンプルではヴェナーリを含むクウェイタで命を落としたジェダイ・マスターを讃える式典が開かれた。怪我から回復したケノービも、ホログラムで映し出された犠牲者たちの前に佇んだ。

個性と特徴

ボサンの女性、ノール・ヴェナーリは茶色ジェダイのローブを羽織り、ライトセーバーには緑色のクリスタルを使用していた。彼女はジェダイ・オーダーの放浪者のひとりと考えられており、惑星コルサントのジェダイ・テンプルへめったに戻ってこなかった。それにもかかわらず、ヴェナーリは銀河中で平和と自由を守るために戦っていた。マスターの位を得た後でさえ、ヴェナーリはパダワンを教育することを拒んでいた。彼女はコルサントに配置されていたジェダイに腹を立てており、クウェイタの任務に割り当てられたときには、他の場所へと赴くため早く任務を終わらせようと願っていた。また、彼女はジョン・アンティリーズのことを流れ者と呼び、彼が呼ばれてもいないのに任務に加わっていることに公然と疑問を差し挟んでいた。また、ヴェナーリは仲間のジェダイたちの安全を確保するためなら自分を犠牲にしてもかまわないと考えていた。

力と能力

ヴェナーリはジェダイ・マスターの位に達するほどに熟練した力の持ち主だった。炎をフォースで操ることが出来た彼女は、“ファイア・イーター”の異名を得ていた。クウェイタの任務の際には、ヴェナーリはフォース・フライト、フォースによる飛行を使って基地へと侵入している。

制作の舞台裏

ノール・ヴェナーリは、W・ヘイデン・ブラックマンによってつくり出され、コミック・シリーズ『Star Wars: Republic』(未邦訳)の『Blast Radius』に登場した。ブライアン・チンがイラストを担当している。ヴェナーリやこのコミックに登場した他のジェダイは、『スター・ウォーズ 全史』や週刊スター・ウォーズ ファクトファイルでも言及された。

登場作品

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはノール・ヴェナーリに関する3枚の画像があります。
  • Star Wars: Republic 53: Blast Radius (初登場) (回想シーン)

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki