Fandom

Wookieepedia

ノーマッド・シティの破壊

9,763このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
「この襲撃は早急に行うべきだと思いますが」
「そうだな。実をいうと、襲撃隊はすでに一〇分まえに発進しているよ」
ギラッド・ペレオン艦長スローン大提督[出典]

第二次ノーマッド・シティの戦い(Second Battle of Nomad City)は、銀河内戦中に戦われた会戦のひとつである。銀河帝国スローン大提督が率いた軍事作戦の一環で、アセガ星系惑星ニクロンにおいて、9 BBYに戦われた。

背景

帝国軍は、特殊な鉱物ヘフレディウムの備蓄不足に苦しんでいた。当時鉱物市場は値上がりしており、買い付けようにも金がなかった。帝国軍を指揮していた大提督ミスローニュルオド、通称スローンは、惑星ニクロン首都ノーマッド・シティに存在する大量の備蓄に目をつけた。この惑星の鉱山を所有するランド・カルリジアンは、ヘフレディウムの更なる値上がりを予期して出荷を控えていたのである。

だが、ニクロンはあまりにも熱いために、人々は惑星の闇の側に住むことしか出来なかった。光が当たっている側に出ようものなら、たちまちのうちに灼熱の太陽光に焼き尽くされてしまうのである。恒星アセガの光は、宇宙船シールドをも焼ききってしまうほど強力だったのだ。

戦闘とその後

だが、スローンは太陽光の問題点をものともしなかった。カルリジアンの性格を熟知していたスローンは、カタナ艦隊ドレッドノート数隻と、ストームトルーパーを満載したシャトルを鉱物奪取に向かわせ、圧勝を収めた。ニクロンに降り注ぐ灼熱の太陽光は、ランド・カルリジアンが使用していた特注のシールド船を奪取することによって、簡単に無効化されてしまった。この船はカルリジアン自らが設計しており、太陽光を反射ないし吸収してしまうのである。

シールド船は全て奪われるか破壊され、ニクロンにおける鉱業は終焉した。ノーマッド・シティの溶解は辛うじて防がれたもののそれ以後この惑星に人はいなくなった。

登場作品


銀河内戦
2 BBY19 ABY
スローンと帝国の再侵攻(9 ABY11 ABY

ズンジ以降の戦役8.5 ABY

スローン戦役
9 ABY

ドローキーズ · サアーン · 第一次オブロア=スカイ
エロミン機動部隊 · 第一次ビミッサリ · プファッシュ
第一次ノーマッド・シティ · 第六次キャッシーク
マーカー · 第二次スルイス・ヴァン · 第二次タナブ
サーカ · リヌーリ · ニュー・コヴ · ホノーグル · <キメラ>
パントロミン · カタナ艦隊 · スロンク · シェリス · ヘツク
第二次ビミッサリ · バロス · 第二次スヴィヴレン · アンドー
クロンドレ · フィルヴ · オード・パドロン · ユキオ · エリアドゥ
ポダリス · ウーストリ · クァト・クリスタック
第二次ノーマッド・シティ · 第六次オード・マンテル
第九次コルサント · トローガン · 第二次ビルブリンギ
第四次ヤグデュル · アンカロン · 第二次ムリスト
第十次コルサント · ジェナリス · 第一次ケタリス
第三次アイソア · アブレガド=レイ · 第一次ザ・フェル
第三次ビルブリンギ · タンティス山 · ジェンドーン

スローン戦役以降 – 9 ABY

関連記事

ミスローニュルオド · 銀河帝国 · 新共和国 · カタナ艦隊 · ジョルース・シボース
ルーク・スカイウォーカー · マラ・ジェイド · タロン・カード · ギアル・アクバー
レイア・オーガナ・ソロ · ハン・ソロ · ギラッド・ペレオン · モン・モスマ
ウェッジ・アンティリーズ · ガーム・ベル・イブリス · オブロア=スカイ · タンティス山

  [Source]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki