FANDOM


ノートラン(Nautolan)は惑星グリー・アンセルム出身のヒューマノイド知覚種族である。彼らは両生類で、水中と地上の両方で生活することができた。ノートランの後頭部には敏感な触手が生えており、相手の感情の化学的なサインを感知することができた。著名なノートランとして、クローン戦争で活躍したジェダイ・マスターキット・フィストーが挙げられる。

生態と特徴

ノートランはヒューマノイド型の体格の知覚種族で、水中でも陸上でも生活できる両生類だった。彼らの肌の色は緑、紫、灰色、オレンジなど多岐にわたり、目の色も黒、茶色、赤などさまざまだった。ノートランの後頭部に生えた触手は非常に敏感で、相手の感情の化学的なサインを検知する働きを持っていた。また、彼らの大きく丸い目は暗がりでも先を見通すことができた。

歴史

ノートランはミッド・リムに属す海洋惑星グリー・アンセルム出身で、銀河共和国時代の後期には既に銀河系コミュニティへの仲間入りを果たしていた。クローン戦争期、旅行代理店のスター・ツアーズ社はノートランの母星グリー・アンセルムへのバケーションを呼びかける広告を出していた。

銀河系におけるノートラン

銀河共和国時代の後期、ジェダイ・オーダーには複数のノートランが在籍していた。そのひとり、ジェダイ・マスターキット・フィストージェダイ最高評議会のメンバーも務め、優れたライトセーバーの使い手として知られていた。クローン戦争中、フィストーはノートランとしての特性を活かし、モン・カラをはじめとする水の惑星で共和国グランド・アーミーを勝利へ導いた。19 BBY、フィストーはシスの暗黒卿ダース・シディアスとの対決に破れ、命を落とした。

21 BBYフォース感応能力を持つ幼いノートラン、ジン・トア賞金稼ぎキャド・ベインによってグリー・アンセルムから誘拐された。トアは惑星ムスタファーにあるダース・シディアスの秘密施設へ連れて行かれたが、洗脳教育が始まる前に、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーパダワンアソーカ・タノによって救出された。

20 BBY当時、ノックスという名のジェダイ・パダワンがルーナン種族のマスター・ハルジーに師事していた。彼らはデヴァロンイーディット寺院を守るため独立星系連合と戦ったが、ドゥークー伯爵の暗殺者サヴァージ・オプレスによって殺された。また同じ頃、ノートランのザットジェダイ・イニシエイトとしてパダワンになるための修行を積んでいた。20 BBY、ザットはギャザリングと呼ばれる通過儀礼を完了し、自分のライトセーバーを作成することができる段階に達した。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。