FANDOM


「母さんが僕の故郷さ。どこだって、僕は母さんと一緒に行くよ」
テミン・ウェクスリー[出典]

ノラ・ウェクスリー(Norra Wexley)、旧姓ササー(Susser)は惑星アキヴァ出身の人間女性で、銀河内戦期に共和国再建のための同盟新共和国に仕えたパイロットである。夫のブレンティン・ロアー・ウェクスリー銀河帝国によって連れ去られた後、ノラは幼い息子のテミン母星に残し、帝国との戦いに身を投じた。4 ABY、彼女はゴールド中隊の隊員としてエンドアの戦いに参加し、<ミレニアム・ファルコン>に続いて第2デス・スター内部に突入した。反乱同盟が新共和国として生まれ変わると、ノラは息子との平和な暮らしを取り戻すため帰郷したが、ウェッジ・アンティリーズがアキヴァで帝国に捕まったと知り、やむを得ず戦いに加わった。彼女はテミンやB1バトル・ドロイドミスター・ボーンズ賞金稼ぎジャス・エマリ、元帝国忠誠将校シンジャー・ラス・ヴェラスらと力を合わせ、レイ・スローン提督が招集した帝国未来議会サミットを妨害した。

アキヴァの反乱の後、ノラたちは新共和国軍兵士のジョム・バレルチームに加え、帝国の残党狩りを開始した。パーウィン・ゲディ中将らを捕まえる手柄を挙げた後、ノラのチームはプリンセスレイア・オーガナから依頼を受け、ウーキーの故郷キャッシーク解放しようとしていたハン・ソロ将軍を手助けすることになった。キャッシークのアシュミーズ・ロック刑務所を襲撃した際、ノラたちは元反乱軍の囚人とブレンティンを監獄から解放することに成功した。しかしブレンティンを含むアシュミーズ・ロックの囚人たちはバイオチップで行動を操られ、帝国のガリアス・ラックス元帥によって新共和国高官への奇襲攻撃に利用された。シャンドリラ攻撃の後、ブレンティンはレイ・スローン大提督とともに逃げ出し、ノラは2人が奇襲攻撃の黒幕だと信じてその後を追った。

ノラたちは追跡のすえインナー・リム砂漠の惑星ジャクーにたどりついた。ジャスやミスター・ボーンズとともにスローンを追い続けたノラは、ジャクーの戦いの混乱の中、ついに仇敵のスローンやブレンティンと対峙した。しかしノラは、スローンと夫が奇襲攻撃の犯人ではなく、むしろガリアス・ラックス元帥の陰謀を止めようとしていたことを知り、彼女たちに力を貸すことに決めた。亡き皇帝の緊急時対応計画を遂行していたラックス元帥は、ジャクーを爆破して帝国と新共和国の両軍を一度に滅ぼそうと企んでいたのである。戦いの最中、ノラはラックスの手にかかって致命傷を負ったブレンティンの最期を看取る。その後、彼女はスローンとともにラックスの計画を挫き、新共和国の勝利に貢献した。間もなく銀河協定が結ばれ戦争に終止符が打たれると、ノラはホズニアン・プライムに新設されたフライト・アカデミーの講師となった。

制作の舞台裏

ノラ・ウェクスリーはチャック・ウェンディグによるスピンオフ小説『アフターマス』で初登場を果たした。本作は映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』に向けて展開されたマルチメディア・シリーズ「ジャーニー・トゥ・フォースの覚醒」に属し、原書は映画公開に先立つ2015年9月に発売された。

設定資料集『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ビジュアル・ディクショナリー』では、テミン・ウェクスリーの解説文の中でノラのことが言及されているが、翻訳版では誤って「父親」と紹介されている。日本オリジナル書籍である『スター・ウォーズ フォースの覚醒のなかまたち100』でも同様の間違いが見られる。

登場エピソード

参考資料

脚注