FANDOM


Nom Anor by Brian Rood
ノム・アノア
人物の情報
死亡

29 ABYコルサント

身体の情報
種族

ユージャン・ヴォング

性別

男性

身長

1.77メートル

髪の色

なし

目の色

右:、左:プレイリン・ボル

年代と政治的な情報
時代
所属
ドメイン

ドメイン・アノア

「わたしは多くのものが欲しい。そしてそのうちにすべてを手に入れるつもりだ」
―ノム・アノア[出典]

ノム・アノア[1](Nom Anor)はユージャン・ヴォング戦争で重要な役割を演じたユージャン・ヴォング男性。野心家で、強い自己防衛本能を持つアノアは、ユージャン・ヴォングの神々に疑問を抱き、また、さまざまな技術を身につけていたことで知られる。

インテンダント階級に所属したアノアは、ユージャン・ヴォングが銀河系への侵略を開始する前に敵地に潜入し、彼らのリーダーとして活動した。アノアは銀河内戦の長期化を画策し、ユージャン・ヴォングの敵と成りうる存在の弱体化を目論んだ。25 ABYプレトライト・ヴォングが先陣に立ち、ユージャン・ヴォング戦争が始まった。アノアはプレトライト・ヴォングを援護したが、この組織は戦いに敗北する。

ユージャン・ヴォングの主要艦隊は銀河系に侵入し、残虐な侵略でコア領域を取り囲んでいった。アノアはハラー司祭とともにジェダイ根絶を企てたり、新共和国が行った惑星デュロ再建を妨害したりと、多くの作戦に加担した。アノアはライバルであるウォーマスターサヴォング・ラと頻繁に対立した。

アノアは熟練したスパイでかつ外交官、そして扇動家であり、銀河各地の不安を掻き立てて新共和国を弱めていった。そして戦争の2目、ユージャン・ヴォングは首都コルサントを征服した。その後アノアは、ユージャン・ヴォングがエバック9で新共和国を攻撃するべきだという情報を、最高大君主シムラに進言した。しかし、これは新共和国の罠だった。ユージャン・ヴォングは大敗を喫し、シムラは誤情報を流したアノアの首を求める。

アノアは最高大君主の報復を恐れコルサントの下層へと逃れた。ここで彼はジーダイ信仰に出会う。これは、シムラに背き、ジェダイこそ救世主と見做すユージャン・ヴォングの異端セクトだった。アノアはこの異端者たちを率いることで権力を取り戻そうと考えた。ユシャアという預言者の名を自称した彼は、急速に勢いを増していくこの異端信仰のリーダーとして君臨したのだ。しかし彼は、やがてシムラの上流階級へと戻る機会を掴み、異端者たちを裏切った。アノアは、自分が手を貸したせいで、異端信仰が彼ら自身の方向へと歩み始めてしまったことを悔やみ始めた。

戦争の晩年、アノアは最高大君主が狂っているのではないかと危惧するようになった。侵略戦争は、第二次コルサントの戦いで終焉した。アノアは再びユシャアとして異端を勝利に導こうとしたが、シムラが死に、ユージャン・ヴォングが降伏すると、彼もジェダイによって捕えられてしまった。アノアは敵に命を委ねるよりも崩壊する宇宙船に残る道を選び、宇宙船がコルサントへと墜落した際に、彼の命も失われた。

経歴

台頭

Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。