FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ノットルウィスキー・パパノイダ[2](Notluwiski Papanoida)はパントラン男爵で、銀河共和国末期のパントラン議会書記長である。彼はウスクル歓楽地区ギャラクシーズ・オペラ・ハウスに頻繁に足を運んでいたことで知られていた。

経歴

パパノイダはかつて、地元の惑星パントラのつつましやかな劇作家だった。パパノイダは彼の同胞たちに非常に人気を博した数本の一連のヒット作を出している。脚本で成功した彼は、その資金で惑星を娯楽帝国へと変貌させたのである。そして彼自身は影響力のあるトレード・ギルドの男爵(バロン)となったのだった。それでも彼は自分の過去のほとんどを他人から隠し続けていた。パパノイダがどうやってその情報ネットワークを構築していったのかは知られていない。だが、ある者の言う所によれば、それはボサンのスパイ網に匹敵するほどのものだったという。

クローン戦争の時代、パパノイダはギャラクシーズ・オペラ・ハウスを頻繁に訪問していた。パパノイダは自らの多くを秘密にしていたが、舞台芸術への愛情は、彼が秘密にしていなかった数少ないもののひとつである。コルサントの戦いのあと、モン・カラマリによるスクイッド・レイク公演のさい、パパノイダはオペラ・ハウスに現れている。このときは、最高議長パルパティーンもオペラを鑑賞していた。パパノイダはパルパティーンに対して遠慮ない批評家ではあった。だが、2000人の嘆願書といった、最高議長に対する公然とした政治的行動には全く関わろうとはしなかった。パパノイダはそんなことよりも、ルーナを代表していたチー・エクウェイのような、良心的な元老院議員へ情報を流すことを優先した。パパノイダはエクウェイと親密な関係にあるのではないかとも言われたが、この噂は間違いであった。

バロン・パパノイダはスパイとして銀河共和国のために務める。だが、男爵の忠誠がどこにあるかに関しては疑問があった。彼は実は自分だけに忠実な、二重スパイなのではないかとの噂もあった。あるときジェダイ・カウンシルに、惑星ウータパウ分離主義者はもういないとするパパノイダの情報が寄せられた。だが、ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービは実際にウータパウのパウ・シティグリーヴァスの本部を発見し、この情報が間違いであることが証明される。パパノイダはこれが本当のミスだったのか、熟考した末の情報操作なのかを明かさなかった。ただ、彼が狡猾だという評判は広まっていったのである。

パルパティーンに対する反対姿勢を慎重にしたおかげで、N・パパノイダは銀河帝国が誕生した後も同じ地位に立ち続けることが出来たのだった。

制作の舞台裏

シスの復讐でパパノイダを演じたのはジョージ・ルーカスである。彼はチー・エクウェイに扮した娘のケイティ・ルーカスとともにオペラ・ハウスのシーンで登場している。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 出典:Databank title Baron Papanoida - Databank
  2. セカンドネームの表記は『スター・ウォーズ キャラクター事典』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki