FANDOM


NenYim3
ネン・イェム
人物の情報
出身地

バーヌ・コア

死亡

28.8 ABYゾナマ・セコート

身体の情報
種族

ユージャン・ヴォング

性別

女性

髪の色

目の色

年代と政治的な情報
時代

ニュー・ジェダイ・オーダー時代

所属
ドメイン

ドメイン・イェム

ネン・イェム[1]Nen Yim)はユージャン・ヴォング戦争において極めて大きな役割を演じた、先見の明を備えていた科学者。彼女の種族ユージャン・ヴォングが戦争の代償を払うことになる直前に、若くして命を落とす。ドメイン・イェムのひとりとして生まれた彼女は、シェイパーとしてバイオテクノロジーと有機工学の訓練を受けた。イェムは幼い日を、新しい居住地を求めて銀河間の空間を銀河系に向けて進んでいたユージャン・ヴォングの巨大な輸送船、コロス=ストローナ・ワールドシップのひとつで過ごす。現実主義の彼女は、科学的な視点から宇宙を見つめていた。そのためイェムはすぐ、種族のバイオテクノロジーの実験を定めるシェイピング・プロトコルと違う考えを持つようになる。彼女の恋人、ヤクン・クワードは異端の考えを持っていたため処刑されていたにもかかわらず、イェム自身も弱っているワールドシップのひとつを救うために、異端の行いに手を出したのだった。マスター・シェイパーメジャン・クワードは、ネン・イェムが異端者であり、その事実が明るみになっていないことを賞賛する。ユージャン・ヴォングが銀河系を侵略し始めてから2年目、彼らはひとりのジェダイを捕らえたが、メジャン・クワードはこのジェダイに実験を行う際、イェムを実験の助手に任命した。

イェムとクワードは捕らえられたジェダイ、人間の少女タヒーリ・ヴェイラの生物学への広範囲にわたる研究に着手した。ふたりの目的は、フォースの起源と原因を確定することだった。ふたりのシェイパーは彼女たちの目標を達成するため、ユージャン・ヴォングの科学における宗教的な通説を破り、異端者となった。すなわち、ジェダイ・ヴェイラを洗脳し、彼女をユージャン・ヴォングの戦士に仕立て上げようとしたのである。異端実験に対する非難と、ヴェイラのジェダイの仲間の一人の登場により、メジャン・クワードは命を落とした。そして、ネン・イェムは衰弱したワールド・シップ、<バーヌ・ミアー>へと追放されてしまう。イェムはこの有機体を救おうと試みた。彼女がこの試みへの援助を要請したさい、やってきたのはケイ・クワードとして知られる狂気のマスター・シェイパーだった。彼はイェムを無礼に扱い、彼女の指摘を無視する。ネン・イェムはのちに、ケイ・クワードが実は最高大君主シムラの道化師、オニミだったことを知る。彼はイェムを監視して異端の証拠を見るためにやってきたのである。シムラは新しいユージャン・ヴォングの技術を秘密裏に開発するため、熟練した異端シェイパーを探していたのである。新技術は伝統の中で開発が困難だったが、ユージャン・ヴォングは銀河系の守護者との戦いで大きな損害を被っていた。

イェムは新しいマスター・シェイパーに任命され、シムラのためにその後2年間、秘密裏に働き続けていた。彼女には個人的な理由でサヴォング・ラを援助したこともあった。急進的で種族の神々を冒涜するものだったが、イェムは最先端の技術を開発した。これはシムラに認められ、銀河連合自由同盟を衰退させることに役立つ。イェムの真の忠誠は最高大君主ではなく、ユージャン・ヴォングの未来へと向いていた。実際、ユージャン・ヴォングのテクノロジーに告示した生きた宇宙船が彼女のもとに届いたとき、イェムは宇宙船の起源となる惑星へ旅するため、司祭ハラー、そして反逆者で預言者のユシャアと手を結ぶ。彼女たちはジェダイのコラン・ホーン、そしてタヒーリ・ヴェイラとともに、生きた惑星ゾナマ・セコートへと向かった。ゾナマ・セコートに到着すると、イェムは彼女の科学的な現実感を満たされ、生きた惑星の驚くべき平和な感覚を楽しんだ。彼女はユージャン・ヴォングも一度はゾナマ・セコートのような世界と共存していた平和的な種族であったことを学び、ジェダイのヴェイラとも和解した。だが、この星でイェム最期の日が訪れる。若きマスター・シェイパーは、ユシャアを装っていた野心的なエグゼクターノム・アノアによって殺されたのである。アノアはシムラから評価を得るために、ゾナマ・セコートを排除しようと目論んでいたのだ。

経歴

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki