FANDOM


「何千何万もの高等生物とかいう不遜な連中が、戦争という疫病を銀河中にばらまき、広めている。その連中こそ根絶させるべきではないのかね」
―ヌーヴォ・ヴィンディ[出典]

ヌーヴォ・ヴィンディ(Nuvo Vindi)は惑星アダナ出身の男性フォーストで、銀河共和国時代末期の科学者である。精神的に不安定だったドクター・ヴィンディは、銀河系に戦争をまき散らす知的生命たちを、自分がつくり出したウイルスによって一掃したいという願望に囚われていた。彼はもともとパーマ・ファミリーお抱えの医者だったが、31 BBYに失踪して行方不明となった。クローン戦争中、ヴィンディは独立星系連合の科学者として再び歴史の表舞台に姿を現す。惑星ナブー東部湿地帯の地下につくられた秘密研究所にて、ドクターはを媒介として感染する致死性の疫病、ブルー・シャドウ・ウイルスの研究と再創造に取り組んだ。21 BBY、ヴィンディはウイルスの再生に成功しただけでなく、改良によって空気感染すら可能にした。また、彼は共和国の主要星系にウイルスをばらまくためのウイルス爆弾も用意した。

この年、研究所のバトル・ドロイド数体がナブー王室保安軍に発見され、ヴィンディの計画がパドメ・アミダラ元老院議員ジャー・ジャー・ビンクス代議員に感づかれる。ヴィンディはアミダラとビンクスを捕まえたが、彼女たちから連絡を受けたジェダイオビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーパダワンアソーカ・タノクローン・トルーパー部隊を率いて研究所に突入した。ヴィンディはアミダラとビンクスを拷問して逃げ出すチャンスを作ったが、プラットフォームでスカイウォーカーに追いつかれ、拘束される。爆弾処理班の手を逃れて爆弾が1つだけ起動されるも、ジェダイがアイエゴから回収したリークサの根によって解毒剤が作られ、ヴィンディの計画は挫かれた。

共和国宇宙軍オーソン・クレニック少佐は、ヴァルトで分離主義者に捕まったゲイレンライラジン・アーソ一家を解放するため、ヌーヴォ・ヴィンディとロク・ダードを人質交換に差し出す計画を立てたが、結局実行されなかった。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。