FANDOM


「ヌーナの脚のフライとな。うむ、これは美味い!」
オーン・フリー・ター[出典]

ヌーナ(Nuna)はミッド・リム惑星ナブーに生息した鳥類クリーチャー。空を飛ぶことができず、2本の脚で移動した。ヌーナは適応力が高く、タトゥイーンサルーカマイなどにも分布していた。ヌーナの肉やは料理に用いられ、ヌーナをボールとして使う「ヌーナ=ボール」というスポーツもあった。

生態と特徴

ヌーナは惑星ナブー湿地に生息した飛べない鳥類クリーチャーである。羽や手を持たず、2本の脚を使って移動した。[1] ヌーナは雑食動物で主に植物を食べ、稀に魚を捕食することがあった。また、ヌーナは怒ったり怯えたりしたときに体を膨らませる習性があった。[2] ヌーナは愚かなクリーチャーとして有名だったが、適応性が高く世話をするのが簡単だった。ヌーナは銀河系各地の星に生息しており、その肉やは食用として用いられていた。[1]

歴史

Roast nuna

ヌーナの丸焼き

ヌーナの母星はナブーだったが、その適応性の高さからタトゥイーンサルーカマイといった銀河系各地の星々に分布していた。また、銀河社会ではヌーナをボールとして使用する「ヌーナ=ボール」というスポーツがあった。

クローン戦争中、サルーカマイの農夫であるカット・ロクウェインとその妻スーは負傷兵のクローン・キャプテンレックスを家に迎え入れ、夕飯でヌーナの丸焼きを振る舞った。また、惑星アバファーの食堂パワー・スライダーズのメニューには「ヌーナ・ガンボ」という料理があった。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版